2019/09/08更新2like7957viewSUVACO編集部

この手があったか!建築家の狭小住宅から学ぶ、限られた空間を有効に使う方法

注文住宅やリノベーションで、どんなおうちにしようか考えているとどんどんスペースが足りなくなってしまうことがあります。土地や空間には限りがあるため、有効に使うことができなければ充実した家づくりは難しいでしょう。今回は建築家の狭小住宅から学ぶ、上手な空間の利用方法について紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

階段のスペースを上手に活かした見せる収納

狭小住宅でまず悩みの種になるのが収納の確保です。収納が少ないと居住スペースまで物があふれて生活に支障をきたしてしまいますよね。

そんな悩みを解決するため、"階段下"というデッドスペースになりがちな場所の有効活用をしながら、お洒落な見せる収納にまで格上げさせている住宅です。階段の下にワインやワイングラスがある生活なんて素敵です。

狭小住宅における、面白い収納場所の確保の方法

狭小住宅では、物理的に収納が少なくなりがちですが、アイデア次第で予想外な場所に収納を確保することができます。狭小住宅においては無駄な場所なんてどこにもありません。

こちらの家では階段の途中、階と階の間に隙間を作ることで収納スペースを設けています。見せる収納としてもお洒落で、また動線上なので取り出しやすく便利です。

スキップフロアを活かした空間づくり

狭小住宅の空間有効活用術と言えば"スキップフロア"です。スキップフロアとは、同じ空間の中でフロアに段差を作ることで有効に使うだけでなく、実際の面積よりも広く見せるつくりを言います。少しの段差によって部屋を仕切るため、壁など遮るものがなく、部屋同士のつながりや明るさを保つ効果もあります。

こちらは中庭から室内へ続く通路から一段下げてリビングをつくり、うまくフロア分けしています。

狭小住宅における効果的な階段の役割と種類

狭小住宅では階段のつくりにも特徴があります。先ほども紹介した階段の下を収納にする方法と、螺旋階段にして階段の面積自体を小さくし、さらに吹き抜けにすることで明るさを確保するという方法があります。

こちらの事例は壁面全てが収納になっているため、収納力は文句なしですし、たくさんの木材を組むことで構造的にも強くなっています。

狭小住宅ならではの壁のない生活でのプライバシーの問題

先ほども紹介しましたが、狭小住宅では壁を作らずにスキップフロアで部屋を仕切る方法がよく採用されます。狭い面積ながらも圧迫感がなく開放的であるというメリットがある半面、プライバシーが確保できないなどの問題も発生しがちです。

こちらの家ではエントランスに来た来客などには、リビングやベッドルームなどのプライベート空間が見えないような家づくりがされているため、開放感はそのままにプライバシーが守られています。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

注文住宅の依頼先を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る