2016年09月07日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

和室はここまでおしゃれにできる!現代の畳スペース5選

家づくりの際に畳スペースは欲しいけれど、洋風な外観やインテリアに合わない...と躊躇してしまう方は多いと思います。しかし昔と違って今は、洋風な空間と馴染む和室を作ることができます。今回は、洋風な家でも馴染みやすい畳スペースをご紹介します。

1 お気に入り追加 10018view

便利!リビングダイニングと繋がる和室

リビングダイニングはフローリング、その横には琉球畳の和室を設けています。通常は仕切り戸を開けて開放的に空間を使用していますが、来客の際は戸を閉めれば客間としても利用できます。

> この住宅のすべての情報を見る

和室とコンクリートの組み合わせで新鮮な空間に。

コンクリート打ちっぱなしと畳は異質の組み合わせですが、どこか和の静寂さを醸し出しています。来客用の空間としても、家族のくつろぎ空間としても実用性があり、デザイン面でもインテリアを損なうことなく和室を取り入れられています。

建築家:成瀬友梨/猪熊純「世田谷フラット」

あえてつくる!畳のリビングダイニング

リビングダイニングにはフローリングを取り入れる方が多いですが、あえて畳を取り入れることでモダンな空間になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

モダンなイメージそのままに!

和室というと、どうしても柔らかく温かみのある空間になりがちで、スタイリッシュさとはかけ離れてしまいます。しかし、黒の琉球畳を用いることでモダンな雰囲気そのままに空間を作ることができます。また事例のように市松模様にすることで、アクセントとなり空間を引き締めてくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

小上がりは洋室のライフスタイルと目線が同じになる

洋風のリビングダイニングに小上がりの畳スペースを設けています。小上がりにすることで、リビングダイニングにいる家族との目線も合わせやすく、子供を寝かせていても目が届きやすく安心です。自然光が入る中、お茶をしたり、読書をしたり...活用方法はたくさんですね。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。