2015年04月28日更新

インテリア(カラーコーディネート)

ビビットカラーの素敵なおうち~色から生まれるお洒落な部屋たち~

インテリアカラーは無難な合わせやすい色ばかり、ベージュや茶色、白、グレーなど気がついたらワントーンになっていませんか?いきなりカラフルな部屋は難しいかもしれませんが、差し色などを入れるだけでお部屋の印象や視線効果は全く変わります。
色から与える効果も踏まえつつ、ビビットカラーのオシャレなアイテムでお部屋を飾ってみませんか?
今日は取り入れやすい、参考になるビビットカラーの部屋をご紹介します。


ハッキリとした原色系の色合いが鮮やかなビビットカラーのお部屋。
配色やバランスがとっても難しいイメージですが、いきなり上級者向けの選び方をする必要はないんです。少しずつ可能な範囲で取り入れてみるとお部屋が違った雰囲気になります。

出典:pinterest.com

先ずは1アイテムからチャレンジしてみては?
モダンでシンプルなお部屋もビビッドなオレンジで華やかさがプラスされ暖かみも生まれます。暖色系なら馴染みもいいので使いやすいですね。

リノベーション会社:株式会社i・e・sリビング倶楽部「ヴィンテージマンションを モダンなインテリアが映える空間に」 (リノベりす掲載)

ナチュラルなお部屋も1アイテムで差し色効果も。ホワイト基調のお部屋だとビビットカラーはよく映えます。寒色系でもお部屋の印象がハッキリするので、好きな色にチャレンジしてみてください。

> この住宅のすべての情報を見る

2アイテム以上も合わせ方次第で嫌味なく色合いを楽しめます。
ビビットだけで固めるのではなく、黒やホワイト、マット系の色合いも上手に使いましょう。
原色系のビビットカラーは、ここぞというところに使うとグッと締まります。

出典:pinterest.com

部屋の大きな面(壁・床・大物家具等)をビビットにすると、お部屋全体がぱっと明るくなります。モノトーンや落ち着いた色合いとの相性もバツグンです。ビタミンカラーで元気を貰って毎日を楽しく過ごしましょう。

出典:pinterest.com

多色使いも小物なら取り入れやすいですね。ビビットカラーも小物なら何色か使っても難しいコーディネートにならないことも。壁が落ち着いた色だと逆に小物で遊べます。

> この住宅のすべての情報を見る

最終的には家族が違和感なく楽しく過ごせればいいのですが、色の組み合わせやごちゃごちゃ感は気にしたいところですね。今のお部屋は何かちょっとモノ足りない・・・気分転換に模様替えしたい・・・新年度だからイメチェンしたい・・・そんな方は、ビビットカラーを程よく取り入れてメリハリの効いたお部屋にしてみませんか?

出典:pinterest.com


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 玄関-外
  • 書斎2
  • 寝室1
  • 1F洗面室
  • 洗面、浴室

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。