2016年03月03日更新

インテリア(カラーコーディネート)

住むだけで笑顔が増えるかも!?ビタミンカラーを使ったカラフルインテリア

ビタミンカラーとは、ビタミンを多く含む果物の代表である柑橘類の持つ色のことです。
みずみずしいオレンジやイエロー、フレッシュなグリーンなどのビタミンカラーには、癒し、リフレッシュ効果があります。
これらをインテリアに取り入れることで、自然と明るく前向きな気持ちになれたり、自宅を更にリラックスできる空間にすることができます。そんなビタミンカラーを取り入れているお宅を今回はご紹介します。


植物や自然を想起させるグリーンには、イライラやストレスを抑え、眼精疲労を改善する効果があります。明るいライムグリーンは書斎にぴったりのカラーチョイスですね。

戸建リノベーション・リフォーム事例「グリーンカラーがお気に入り。団地タイプ間取りを広々とした空間へ」

ナチュラルな木目基調の部屋に、ライムグリーンのアクセントウォールが爽やかで若々しい印象を与えてくれています。

マンションリノベーション・リフォーム事例「お部屋の魅力を存分に引き出す_中古マンションペイントリノベーション」

オレンジ色には緊張を和らげ、リラックスさせてくれる効果があります。
オレンジの持つ陽気で明るい印象から開放的で親和的な気分になり、家族の会話を促す効果があるので、リビングにおすすめしたいカラーです。

出典:fengshuitrend.blog.hu

また、オレンジはグリーンと組み合わせることで食欲を増進させる効果があるので、キッチンやダイニングなどにもおすすめです。

出典:tasselsandtwigs.blogspot.jp

ともすると派手な印象になりがちなオレンジですが、グレーと合わせることでモダンなインテリアを演出することもできます。

出典:hometalk.com

太陽をイメージさせるイエローには、明るく元気を取り戻す活力や幸福感を与えてくれる効果があります。柔らかいイエローの濃淡を使ったリビングなら、疲れた心身を癒し、明日への活力を与えてくれることでしょう。

出典:adorable-home.com

玄関を入ると目に飛び込んでくるのはビビットイエローの壁。疲れて帰ってきた日にも元気をくれそうですね。

戸建リノベーション・リフォーム事例「東京都目黒区・斜天井にパイン材を貼り、涼やかな空間に」


この記事を書いた人

莉緒さん

海外インテリア・DIYなどに興味があります。

最近お気に入りされた写真

  • リビング
  • 対面キッチン
  • リビング
  • コンパクトダイニング
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?