2017/03/11更新1like4930viewniwatori*

実は知らない?!ベランダ・バルコニー・テラスの違いってなに?

新生活に向けて準備を進める季節。不動産屋さんの間取り図などでよく見かける「ベランダ」「バルコニー」「テラス」、これら三つの違いって説明できますか?知ってるようで実は知らない、これらの違いについてご説明していきます。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ベランダとは?

ベランダとは、建物の外壁から張り出した屋外のスペースで、屋内とはドアや窓で隔たれ、屋根がある縁のことをいいます。人の行き来ができ、屋根があるので洗濯物を干すことができます。

一般的には、2階以上に設けられたスペースを指しますが、集合住宅の場合は屋根が付いていればベランダと呼ばれます。日本家屋における「縁側」や「下家」もこれに相当します。

また、マンションの場合、ベランダは隣の部屋のベランダと薄い壁やパネル1枚で仕切られていることが多く、非常時の避難経路の役割も担っています。

バルコニーとは?

バルコニーとは、建物の2階以上の外壁に張り出した屋外のスペースのことで、屋根はなく、墜落を防止する手すり付きのものを指します。つまりベランダとの違いは、屋根が有るか無いかということになります。

下の階の屋根をバルコニーの床として利用する場合は「ルーフバルコニー」と呼びます。

テラスとは?

ベランダとバルコニーが似たものだというのはわかりました。では、テラスとはどんなものなのでしょうか?

テラスとは、基本的に建物の1階に作られた、床と同じ高さで突き出たスペースのことです。テラス(terrasse)とは古フランス語で「盛り土」を意味していることから、本来の地面よりは高くなっています。

コンクリートやレンガで造られているものが多く、リビングやダイニングの床が屋外に延長したようなイメージです。ウッドデッキもテラスに分類され、バルコニーとの違いは、1階にあるか2階以上にあるかということになります。

それぞれの使い方

まずマンションなどによく見られるベランダは、屋根があるので、洗濯物を干していて急に雨が降ってきても、少しくらいなら洗濯物を濡らさずにすみます。そして程よく日差しもカットしてくれるので、植物の栽培にも向いており、ベランダガーデニングも楽しめます。

次に一軒家によく見られるバルコニー。ベランダとよく似ていますが、屋根がない分、開放的です。一般的にベランダより広く作られているケースが多いので、椅子やテーブルを置いてセカンドリビングのように使用することも可能です。

1階に作られたテラスでは、晴れた休日に朝食をいただく…なんていう映画のワンシーンのような暮らしもできます。コーヒーやお茶を飲んだり、友人を招いてバーベキューを楽しむというのもいいですね。

基本的にテラスには屋根がありませんが、カフェのようにパラソルを置いたりシェードを設置することで日差しをコントロールすることができます。
「ベランダ」「バルコニー」「テラス」の違い、わかりましたでしょうか?
それぞれに異なるメリット・デメリットがあります。
きちんと理解して、納得のいく屋外空間を作ってくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る