2018年03月05日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

ロフトのメリット・デメリットとおしゃれな部屋

ロフトは一般的な部屋とは違い天井が低く、下の階より面積が二分の一以下なのが基本です。採光や換気の基準を満たしていないので、主に物置などの収納空間として用いられますが、工夫をして一つの部屋のように使用している例も多く見られます。そこで今回は、「二階を作るほどの高さはないけれど、もうひと部屋分のスペースがほしい」や、「寝室をロフトの上に作ってメインの部屋をもっと広く使いたい」などの要求をお持ちの方にぜひご覧頂きたい、おしゃれなロフトの数々をご紹介します。

5 お気に入り追加 73283view

ロフトのメリット・デメリットとは

1980年代後半に一人暮らしの賃貸物件から広がり、ファミリー住宅にも浸透しつつあるロフト空間のメリットとデメリットを今一度確認してみましょう。
メリットは、限られたスペースを有効活用、メリハリのある空間、おしゃれな空間にすることができる、など。デメリットは、空気が回りにくい、掃除がしにくい、天井が低いなどが挙げられます。ロフトをどう活用したいかを具体的に確認することで、デメリットを超えて、メリットを大きく活かした使い方ができますね。

ロフトと子供部屋

ダイニングキッチンの上にロフトをつくり、そこを子供部屋として活用している事例。扉のある部屋だとどうしても閉鎖的になってしまうのに対して、ロフトを一つの部屋として使用することで、プライベートと安心を両立できます。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフト リズミカル

一つの大きな家の中で、段違い状に造られた部屋が繋がっているというフレキシブルなお宅。上の階がロフトとなっており、パソコン部屋として使われています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトベッドで整理された空間に

沖縄の浦添市にある高台の住まいです。
家族が集まるくつろぎの場を2階に計画し、子供室等は1階にまとめました。子供部屋は中心をを2人の共用エリア、左右にそれぞれのエリアとしてロフトベッド と下には机など置き、整理された空間となっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトでゆとりある空間

敷地条件から2階にLDKを計画することで明るく開放的な空間になっています。水廻りを2階にまとめて家事動線を一つしました。天高を高くしロフトを作ることで、開放感のあるゆとりの空間となっています。

> この住宅のすべての情報を見る

階段踊り場のロフト

「シンプルで飽きのこない、経年変化を楽しめる家」がコンセプトの住まいです。
まわりが緑に囲まれ、窓からの景観も大切にしているためハイサイドの大きな窓を採用しました。リビングの両端には階段の踊り場ともなるロフト空間を配置し、その先には大ケヤキに直接触れられるテラスを配置しています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトがキッズスペース

外観は、西側のポイントを頂点として三角錐状に削り取って視界の抜けをつくり出し、プライベート性も確保した木の箱となっています。作り付けの壁面収納や子供スペースのロフト、キッチンカウンターをL字に広くしてPCスペースとするなど、空間を余すことなく使っています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトで家の中の小さな家

建蔽率いっぱいのボリュームの中に、子供室やユーティリティの機能をレベルを変えながら箱のように浮かべ、全体をスキップフロアでつなぎました。
窓を設けた箱は、「大きな家」の中にある「ちいさな家」のようにも見え、不思議なスケール感を生み出します。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトベッドで奥行きと高さのある家

細長い奥行きの深い敷地に建つ住宅です。
ご主人さまの趣味である車関係のためのスペースを大きくとり、細長い路地のような通路を挟んで居住スペースが有ります。1階の玄関とリビング、外部の趣味スペースの配置は、他にはない家族のためだけの楽しく開放感あふれる空間にとなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトで空間にリズムを

コンパクトな空間を立体的に捉え、小上がりやロフトを作ることで、空間が広く感じられる工夫をしています。狭さを感じない工夫として、タテのラインをできるだけ長く取り、玄関を入ったら窓の外まで視線が抜けるようにしています。

> この住宅のすべての情報を見る

のぼり棒のあるロフト

リビングの一部にベッドとデスク、兄弟それぞれの空間を造作しました。限られたスペースでも個々の空間を作ることができ、思い思いの時間を過ごせます。2つのベッドの間にはのぼり棒を設置し、ロフトベッドから滑り降りたり棒をつたって上がったりできる子供たちが喜ぶ遊び心も!

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトで空間にメリハリを作り、思い切り楽しむ

リノベーション前、1階は日当たりが悪く暗い印象でした。そこで、LDKを日当たりのいい2階に移動させています。天井高を利用したロフトやオープンなアイランドキッチンを設けたLDKは、家族と一緒の時間をのびのび過ごせる空間となりました。

> この住宅のすべての情報を見る

2世帯のロフト

吹抜け越しに子世帯のリビングとなっており、プライバシーをある程度確保しながらも、声や気配を感じ合える距離感となっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトから360°広がる眺望

眺めが良くて傾斜している土地に建つ住宅。
ここは最上階、奥に見えるのは子供たちが遊ぶ場所としても使えるところです。眺めは最高で東に市街地を、西に富士山を眺望するロケーションであったため、眺望メインのプランニングとなりました。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトや造作家具で広々LDK

3DKの間取りをスケルトンリフォームして、1LDKにしました。
家具を置きたくないという希望で、収納や机、ロフトベッドも造作家具で造りつけにしています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトにある仕事場

リビングを見渡せる中二階に仕事スペースを設け、真下は、床の高さを下げてキッズスペースに。無垢オークの床材や塗り壁など自然素材をふんだんに取り入れ、個性的なタイル・クロス・パーツなどこだわりいっぱいの家づくりとなりました。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトへの造作階段

夫婦と子供のための住宅です。
ロフト階段やセンターテーブルはオリジナルとして造作しました。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフト秘密基地、最上階のゆとり

眺望がいい最上階、RC造のマンションのリノベーションです。
最上階だからこそ生まれた屋根裏スペースをLOFTにし、自分だけの秘密基地・さらに隠し収納スペースとなりました。

> この住宅のすべての情報を見る

隠れ家のロフト

クリーム色の明るい外観が印象的なプロヴァンススタイルの住まい。アイアンレールや木の質感など素材にこだわっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトBOX

矩形にカットされたパネルが貼られた箱は下部を収納に、上部を寝室にと造られています。 限られた空間を最大限に有効活用するように計画されており、収納の扉は目立たないように隠されています。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか