2019/10/24更新1like1404view岩間光佐子

ユニットバスとは?種類と特徴、選び方のポイント

新築でもリフォームでも、多くの方が取り入れるユニットバス(システムバス)。最近では商品バリエーションも豊富に揃っているため、プランニングの際、何を基準にどう選べばいいのか悩む方も多いでしょう。そこで、ユニットバスの種類と特徴、選び方のポイントをまとめました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ユニットバスとは?システムバスとは違う?

浴室は、そのつくり方(工法・構造)によって、在来工法(現場施工型)、ユニットバス(システムバス)、ハーフユニットに分類することができます。なかでも、新築やリフォームの際に最も多く取り入れられているのがユニットバスです。

ユニットバス(システムバス)は、工場で作られた部材やパネル(床・壁・天井)などを現場に運び込み、組み立てる浴室のこと。在来工法に比べて自由度が低い点は否めませんが、工期が短く、品質や仕上がりが均一で、安定していることが特徴です。

これまでは、ユニットバスというとワンルームマンションやホテルなどにみられる、浴槽、洗面、トイレを設けたスリーインワンタイプなどの狭く簡素なものをイメージする方も多かったかもしれません。しかし最近は、各メーカーからバリエーション豊かな商品が揃い、サイズはもちろんデザイン性や機能性の高いものが増えています。
[戸建向けシステムバスルーム  サザナ] 掃除のしやすい床材や排水口、浴び心地も快適な節水シャワーを搭載。48柄の壁パネル、16色の床、12色のカウンターなどカラーバリエーションも豊富。<1616サイズ(1坪サイズ)805,200円~(税込)> TOTO

[戸建向けシステムバスルーム サザナ] 掃除のしやすい床材や排水口、浴び心地も快適な節水シャワーを搭載。48柄の壁パネル、16色の床、12色のカウンターなどカラーバリエーションも豊富。<1616サイズ(1坪サイズ)805,200円~(税込)> TOTO

マンション用、リフォーム向けetc... ユニットバスの種類と特徴

メーカーのユニットバス(システムバス)は、設置する条件などに合わせていくつかの商品(シリーズ)に分けることができます。

■戸建て用・マンション用
メーカーや商品によってラインナップは異なりますが、戸建てとマンション(集合住宅)それぞれの構造や間取りに適した商品が用意されています。たとえば戸建て用は、マンション用に比べて広めのタイプや、窓のバリエーションが多いタイプが多く、マンション用はシンプルでコンパクトなサイズや限られた空間を広々と見せる工夫がみられる商品が揃っています。

■新築向け・リフォーム向け
新築はもちろん、最近ではリフォーム向けの商品やリフォーム工事がしやすいパーツなどを揃えた商品も特に充実しています。

リフォーム向け商品は、既存空間に合わせて施工が可能だったり、施工方法に工夫を施すことで工期を短縮できたりすることが特徴。住みながらリフォームを行う場合や、狭い空間であってもプランニングしやすい商品が多くみられます。

■高齢の方が使いやすい工夫を施したタイプ
誰もが使いやすいユニバーサル設計の商品が多いユニットバスですが、高齢の方や介護をする方の使い勝手をより考慮して作られた商品も揃っています。手すりやグリップ、滑りにくい床など、介護リフォームの際には、安全性に配慮されたアイテムを取り入れると良いでしょう。

■洗面やトイレを一体化したユニット
一般的な住宅の場合、浴槽と洗い場を備えたタイプのユニットバスを取り入れることが多いですが、浴槽と洗面を設けたユニットや、浴槽と洗面とトイレを設けたユニットなどもあります。これらは2世帯住宅やゲストルームなどで取り入れられるケースが多いようです。
[マンションリフォーム用システムバスルーム リノビオV]  リフォームしやすい施工性の高さが特徴。人造大理石浴槽、空気を含んだ大粒で柔らかいシャワー、洗いやすいカウンターなど快適さを生み出すアイテムも搭載。 <770,000円~1,530,000円 (価格帯は目安)> LIXIL

[マンションリフォーム用システムバスルーム リノビオV]  リフォームしやすい施工性の高さが特徴。人造大理石浴槽、空気を含んだ大粒で柔らかいシャワー、洗いやすいカウンターなど快適さを生み出すアイテムも搭載。 <770,000円~1,530,000円 (価格帯は目安)> LIXIL

ユニットバスのサイズは? 1616タイプ・1坪タイプとは?

ユニットバス(システムバス)商品は、いくつかの広さ(サイズ)が用意されています。サイズの表記は、床面積(0.75坪、1坪、1.25坪、1.5坪タイプなど)や、幅・奥行の寸法で表されます。
ユニットバスのサイズ例

ユニットバスのサイズ例

たとえば、1坪タイプで内寸が1600×1600ミリの場合は「1坪タイプ・1616タイプ」と表記されます。一般的な注文戸建て住宅では、1坪~1.25坪タイプが主流。1坪と1.25坪タイプの主な違いは洗い場の広さなので、家族で一緒に入浴する場合や介護が必要な場合は、広めの方が使い勝手も良いでしょう。
 [マンションリフォーム向け システムバス MR(エムアール)] 施工時間を短縮、水アカや汚れがつきにくく、掃除が簡単な素材の浴槽、洗面ドレッシングとコーディネートが可能な24種の壁柄も。<1116サイズ 840,000円~(税抜)> パナソニック

 [マンションリフォーム向け システムバス MR(エムアール)] 施工時間を短縮、水アカや汚れがつきにくく、掃除が簡単な素材の浴槽、洗面ドレッシングとコーディネートが可能な24種の壁柄も。<1116サイズ 840,000円~(税抜)> パナソニック

浴槽の素材は人工大理石やFRP。リラックスできる形状や機能も

ユニットバス(システムバス)の浴槽に使われる主な素材は、人工大理石やFRP(エフアールピー)です。メーカーによっては、メーカー独自の樹脂系タイプや、鋳物ホーロー、ステンレスなどもみられます。

■人工大理石
人工大理石にはアクリル系とポリエステル系があります。アクリル系は透明感や光沢があり衝撃性などにも優れており、ポリエステル系はアクリル系より比較的安価です。柔らかく温かみがある風合いと、表面が滑らかなため水あかや湯あかを落としやすいのが特徴。人工大理石に他の素材を加えるなどして性能や美しさを高めたタイプや、美しさを長く保つ工夫が施されたものも見られます。

■FRP(エフアールピー)
ガラス繊維強化プラスチック(fiber glass reinforced plastic)は、保温性があり、軽量で、柔らかく温かみのある樹脂素材です。近年材質の改良が進み、性能も高まってきています。


【浴槽形状の特徴】
最近のユニットバス(システムバス)の浴槽には、安全性を備えたうえ、ゆったりと楽な姿勢で入浴できる形状のものが多く見られます。

たとえば、後頭部を心地よく支えることができるよう、ヘッドレスト部分の高さや角度に工夫を持たせたものや、寝湯のような姿勢でくつろぐことができるものなどです。半身浴ができるようなステップ(ベンチ)を設けたものや、洗い場側に張り出して広がりを持たせた浴槽などもあります。


【浴槽の機能】
■保温性能
浴槽を断熱材でくるんだ保温性の高い浴槽も一般的になっています。温度の低下を抑えることができるため、追い焚きをしなくても数時間、温かさを保てます。断熱性をより高めることができる、断熱フタを用意している商品もあります。

■安全性
浴室プランでは、安全性への配慮も重要なポイント。浴槽の底部分に凸凹を設けるなどした滑り止め加工はすでに一般的ですが、浴槽へのまたぎ込みがしやすい高さで設計されたものや、浴槽に腰掛けて入ることができる縁幅を取ったもの、使いやすいグリップを設けたものなど、プラスαの機能を備えたものも増えています。

■リラックス効果
くつろぎや癒しを高めるための機能を持つ浴槽も数多く揃っています。たとえば、腰や背中に心地のよい刺激を与えるジェット噴流機能をもつタイプや、酸素を含んだミクロの泡で身体をやさしく温め肌をしっとりと保つ機能を持つもの、肩からお湯を浴びることができる浴槽などが挙げられます。
[戸建向けシステムバス/マンションリモデルバスルーム  シンラ]  人を包み込み支える形状の浴槽、大流量の幅広吐水で肩から温め、円を描くように噴出する水流で刺激を楽しむことも可能。明るさと色を変えることが出来る調光調色システムも。<戸建て向け1616サイズ(1坪サイズ) 1,218,800円~、マンションリモデル向け 1418Jサイズ 約1,392,600円~(税込)> TOTO

[戸建向けシステムバス/マンションリモデルバスルーム  シンラ]  人を包み込み支える形状の浴槽、大流量の幅広吐水で肩から温め、円を描くように噴出する水流で刺激を楽しむことも可能。明るさと色を変えることが出来る調光調色システムも。<戸建て向け1616サイズ(1坪サイズ) 1,218,800円~、マンションリモデル向け 1418Jサイズ 約1,392,600円~(税込)> TOTO

デザイン性の高い壁、掃除が楽な床材、使いやすいドア

■壁材
空間イメージを左右する壁材(壁パネル)は、バリエーションが豊富になりました。
色だけではなく、石目調や木目調、タイル調などもみられます。同じ壁パネルで四面をまとめるだけでなく、一面に異なるパネルを用いてアクセントとするプランも提案されています。

■床材
床材は、各メーカー独自の表面加工を施し、排水効率を高めて乾きやすくしたタイプが多くみられるようになりました。冬場でも冷たさを感じにくいものや、クッション性を持たせたものもあります。

■出入口扉
一般的な折れ戸タイプ、開き戸(ドア)や引き戸タイプなどの他に、開口部を広く取ることが可能な3枚引き戸タイプも。いずれも、カビや汚れが溜まりにくいように、換気口の位置や形状を考慮したり、パッキンそのものを無くしたり、カビの発生・浸透を抑えたパッキンを採用したりと工夫が凝らされています。

■窓 
戸建てのユニットバスにおいて、窓は換気と快適さに関わるもの。防犯性に配慮したルーバー窓や外開き窓、開放感のある出窓や引き違い、テラス窓などたくさんの種類が揃っています。
 [マンションリモデルバスルーム  ひろがるWG ほっカラリ床シリーズ]  掃除のしやすい床材や排水口、約35%の節水率で適度な刺激感のある浴び心地のシャワーなどを搭載。オプションで床ワイパー洗浄も。<1418Jサイズ 約1,212,200円~> TOTO

[マンションリモデルバスルーム ひろがるWG ほっカラリ床シリーズ]  掃除のしやすい床材や排水口、約35%の節水率で適度な刺激感のある浴び心地のシャワーなどを搭載。オプションで床ワイパー洗浄も。<1418Jサイズ 約1,212,200円~> TOTO

疲れをいやす多機能シャワー、節水機能が高い水栓金具

水栓金具にもさまざまなタイプがあります。操作性が良いのはもちろん、節水機能を高めたタイプも多くみられるようになりました。洗い場・バス兼用水栓であれば、シングルレバータイプのサーモスタット機能付きが一般的。デザイン的には、すっきりとしたシャープなタイプ、空間に馴染むようにカウンターと一体化したデザインやタッチタイプなども揃っています。

シャワー水栓では、節水機能だけでなく、心地よさを高める機能を搭載したものが増えてきています。さまざまな水流を楽しむことができる多機能シャワーや、天井や高い位置からの水流が心地よいオーバーヘッドシャワーなどが設定された商品もみられるようになりました。

浴室換気暖房乾燥機を組み込むケースも多くみられます。商品によって特徴は異なりますが、浴室暖房や洗濯乾燥などはもちろん、ミストサウナ機能を搭載した機器もあります。発汗作用や適度な血行促進、保温や保湿効果なども期待できるため人気の機能のひとつでしょう。

鏡は、縦長や横長のデザインが多く、大きめのタイプを採用すれば空間に広がりを持たせることも可能。収納スペースにも工夫がみられ、壁に数段の棚を設けたり、カウンターの下にシャンプーなどのボトルを収納できたりするタイプもあります。

カウンターは、洗面器を置くだけでなく、ベンチになるタイプなども。取り外しが可能でお手入れしやすいデザインも多いようです。

また、照明にも工夫が見られるものが多くなりました。最近のユニットバス(システムバス)は、明るさ確保はもちろん、空間に広がりを持たせるスリムなタイプや天井埋め込みタイプ、省エネ効果の高いLEDや、演出効果の高い照明を取り入れることができる商品など、選択肢が増えています。
[戸建住宅・マンション用 スパージュ]  光の効果で癒しと覚醒を提供する調光調色機能付き照明、肩湯や打たせ湯、オーバーヘッドシャワー、大画面テレビなどの機能などを取り入れることも可能。<960,000円~2,630,000円(価格帯は目安)> LIXIL

[戸建住宅・マンション用 スパージュ]  光の効果で癒しと覚醒を提供する調光調色機能付き照明、肩湯や打たせ湯、オーバーヘッドシャワー、大画面テレビなどの機能などを取り入れることも可能。<960,000円~2,630,000円(価格帯は目安)> LIXIL

価格帯ごとに商品シリーズを設定。取り入れるアイテムで価格は変化

メーカーのユニットバス(システムバス)商品は、価格帯によっていくつかのシリーズに分けられます。高い機能性やデザイン性を持つ高額なシリーズ、一般的に普及しているタイプ、手ごろな価格のシリーズなどに大きく分類されるため、予算に合わせて検討することが可能です。

注意しなければならないのは、同じシリーズであっても、広さや取り入れるアイテム、パーツによって価格が大きく変化すること。プランニングによっては、ベースに一般的なタイプのものを選んでも、高額なシリーズより高くなるようなケースもあります。

選ぶ際のポイントは、商品の基本仕様(標準仕様)に含まれるものと、そのグレードを確認することです。希望するアイテムや機能が基本仕様に含まれていなければ、オプション等で追加することになり、費用がアップしてしまうこともあるので、十分に比較検討してください。
[リフォーム・新築向け 戸建住宅用 アライズ] リラックスして入浴を楽しめる新しい形状の浴槽、座ったまま使いたいものに手が届く洗い場のレイアウトなどが特徴。<650,000~1,300,000円(価格帯は目安) > LIXIL

[リフォーム・新築向け 戸建住宅用 アライズ] リラックスして入浴を楽しめる新しい形状の浴槽、座ったまま使いたいものに手が届く洗い場のレイアウトなどが特徴。<650,000~1,300,000円(価格帯は目安) > LIXIL

ショールームで必ず確認を。空間だけでなく浴槽に入ってみること

ユニットバス(システムバス)のプランニングは、商品ごとに設定されたパーツやアイテムを選び、組み合わせて行います。好みや予算に近い基本パターンに追加変更を加えながら進めることになるでしょう。

ユニットバスは在来工法の浴室と異なり、ショールームで実際の空間を体感できるのがメリット。必ずショールームに足を運び、実物で比較検討することが重要です。さまざまなシリーズや広さの商品が展示されているので、その空間に身を置き、スペースなどを体感すると良いでしょう。浴槽内に入って入浴動作をしてみたり、お子さんと一緒に入ってみたりするのもおすすめ。水栓金具やシャワー、出入り口扉など、操作できるものは使い勝手をチェックしてください。

設計担当者はもちろん、ショールームのアドバイザーなどの意見も参考に検討することが、満足いくバスルームづくりの大切なポイントです。
[戸建用/マンションリフォーム用 システムバス リフォムス] 出入りがしやすい新形状の浴槽、水アカや汚れがつきにくくお手入れしやすい形状の水栓、鏡面や石目、木目の壁柄など51パターンを選ぶことも可能。<戸建用 1616・1717(1坪相当)サイズ 1,266,000円~(税抜き)> パナソニック

[戸建用/マンションリフォーム用 システムバス リフォムス] 出入りがしやすい新形状の浴槽、水アカや汚れがつきにくくお手入れしやすい形状の水栓、鏡面や石目、木目の壁柄など51パターンを選ぶことも可能。<戸建用 1616・1717(1坪相当)サイズ 1,266,000円~(税抜き)> パナソニック

※写真キャプション内の価格は工事費別。プランニングによって異なるため詳細は確認を。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

岩間光佐子さん

ハウスメーカーでのインテリア設計を経て、住宅情報誌編集部に。編集長として、リフォーム誌などの創刊に携わった後、フリーエディター&ライターとして独立。住宅設備機器を中心として、家づくり情報を発信中。二級建築士、インテリアコーディネーター

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

バス(風呂・浴室)/トイレの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る