2016年01月28日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

夫婦2人でちょうどいい♪見習いたい2人暮らしインテリア

常に一緒にいたい派の夫婦、一人の時間も大事にしたい派の夫婦など、夫婦にも色々なライフスタイルの形があります。そんな夫婦二人暮らしのお家はどんな間取りで、どんなインテリアにしているのでしょうか。思わず見習いたくなるような素敵な暮らしをしている、ご夫婦のお家を覗いてみましょう。


ヴィンテージでワイルドな空間

リビングもキッチンもコンパクトな造りで、まさに夫婦二人でちょうどいい大きさの家は、剥き出しのコンクリート壁に無垢フローリングが映えるワイルドなインテリアが特徴です。無駄な物は削ぎ落とし、好きなものだけを詰め込んだ心地の良い空間になっています。

リノベーション会社:株式会社 空間社「ヴィンテージマンションで渋カッコよく暮らす – circle –」(リノベりす掲載)

曲線の壁が特徴の家

リビングから見える曲線の間仕切り壁の向こう側には、ご夫婦の寝室があります。完全に壁で囲うとどうしても圧迫感が出てしまいますが、壁を天井まで繋げないことで広く見せる効果もあります。家具もアースカラーでまとめてあってオシャレですね。

リノベーション / courbe

扉の少ない開放的な住まい

杉の古材をグレーに塗装したという床と真っ白な壁が印象的な家は、まるでアパレルショップのような雰囲気です。さらに各部屋を繋ぐドアや収納扉などもほとんどなく、間仕切りはカーテンのみという開放的な造りも特徴的。夫婦二人だからこそできるオシャレでオープンな空間です。

リノベーション会社:スタイル工房「セレクトショップをイメージした、洗練された住まい」(リノベりす掲載)

ブルックリンの路地裏のようなキッチン

無骨な雰囲気のブリックタイルやコンクリートブロック。さらにはたくさんのイタズラ書きがされた黒板壁まで揃った、まるでブルックリンの路地裏を彷彿とさせるような内装です。こんなお家なら毎日の食事や会話も数倍楽しくなりそうですね。

リノベーション会社:エイトデザイン「イメージはブルックリンのアパート。 大好きな中古家具が似合う空間に」(リノベりす掲載)

ワンルームのほっこり空間

常に互いの気配が感じられるワンルーム仕様のお部屋は、無垢材を多く使った温かみのある空間になっています。天井にはガス管フレームが取りつけられ、将来的にハンモックやプロジェクターなどを吊り下げられるようになっているのもいいアイディアです。

Room402

色で空間を分ける家

こちらのお宅はリノベーションの際に壁を取っ払って造った広々としたLDKが魅力です。その代わり隣接したダイニングと書斎は黒板壁やライトグリーンの壁の色を用いることで、一部屋でありながら空間に区切りを感じさせる造りになっています。

リノベーション会社:インテリックス空間設計「グリーンカラーがお気に入り。 団地タイプ間取りを広々とした空間へ」(リノベりす掲載)

趣味を楽しめる土間リビング

リビングを大胆に斜めにカットして造られているのは、趣味のバイクを室内で楽しむための土間です。これなら好きなことに打ち込みつつも夫婦の会話も途切れることがないので、妻に気負いせずに趣味にも没頭できますね!

リノベーション会社:GLADDEN「「バイクを家の中で楽しみたい」 LDKに土間を設けた2×4リノベ」(リノベりす掲載)


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングキッチン
  • 玄関
  • カラフルなコラベルが魅力的な洗面室
  • ダイニング側からみたリビング
  • トイレ

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問