2015年05月15日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

1部屋に2人でも快適にのびのびできる!子供部屋アイディア集!

子供がまだ小さな場合は、育っていく子供たちのことを考えながらお部屋作りをしていくことがあります。
大きくなるにつれて、今まで使っていたものが必要ではなくなったり、逆に必要になってくるものもあります。
2人以上のお子さんがいるご家庭では、子供が小さい間は寝る時に寂しくないように、一緒に仲良く育っていけるように、部屋を広く使えるようになどの理由から、1部屋で一緒に使う場合も多いのではないでしょうか。
1部屋で2人でも快適に使える、子供部屋のアイデアをご紹介します。


1部屋で2人が過ごしたり寝る場合に、昔から愛されているのが2段ベッドですね。
下に収納スペースがあれば、別に収納ケースなどを置くスペースを省くことができます。

> この住宅のすべての情報を見る

仲良く並んだベッドです。2段ベッドほどの高さがあり、下が十分な収納スペースになっています。下で遊ぶこともできそうですね。同じ高さに並んだベッドなので、女の子同士なら枕を寄せて寝る前のおしゃべりも弾むのではないでしょうか。

> この住宅のすべての情報を見る

ベッドの下に机を持ってくることも、スペースを有効活用する良いアイデアです。
どちらがベッドの上か下か?ということも考えなくてすみます。

> この住宅のすべての情報を見る

ブルーとピンクで分けられたロフトのある子供部屋は、将来2つに区切ることができるつくりになっています。子供が小さなうちは広く部屋を使うことができ、子供の遊び場としても利用できますし、掃除も1部屋の方が楽ですね。

> この住宅のすべての情報を見る

扉や壁で区切るのが不可能な場合でも、天井からカーテンを付ければお手軽に2つに分けることができます。ちょっとした自分の空間やプライバシーを確保するのに役立ちますね。

出典:lifemadelovely-blog.com

こちらは少し高さの違うベッドが2つと机でいっぱいの小さ目のお部屋ですが、圧迫感や狭さをあまり感じずに居心地良く思うのは、ベッドがソファのように低いことと、暖かい色でまとめられているからですね。

出典:designshuffle.com

こちらは2段ベッドではなく、下が十分にスペースがあり快適です。
上は端がやや天井に近くて狭く思えますが、浮いてるようでそれも楽しいですね。ロフト部分は趣味の音楽を楽しむスペースのようです。上なら見えにくくて、ちょっとぐらい散らかっていても気になりません。

出典:design.blogspot.it


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 緑を取り込むスタディースペース
  • 壁ひとつ無い90平米のワンルーム空間
  • 全体を眺める
  • LDK
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。