2019/03/03更新0like897viewka.t

二世帯住宅~お互い心地よい暮らし~

親世帯に子供の世話を頼んだり、逆に子世帯が親の老後の面倒を見やすかったりと、なにかとメリットの多い「二世帯住宅」。一方で、義両親や義理の息子・娘夫婦と1つ屋根の下で暮らすのは気を遣う...という方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「二世帯住宅」を検討するにあたって、気を付けたいポイントを紹介したいと思います。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

完全分離型で気兼ねなく暮らす

「完全分離型」とは、玄関やキッチン、お風呂などがそれぞれの世帯にある間取りのことを指します。

仕事の都合などで、生活する時間帯が世帯ごとに異なる場合には、完全分離型の方がお互いストレスなく過ごすことができるでしょう。また、友人や知人を招くときにも気を遣わずにすみます。
こちらは、1階部分を親世帯、2階を子世帯という風に分離したプラン。

親世帯の将来を見越した車いす動線を意識して、1階に親世帯の生活スペースをまとめたとのこと。二世帯住宅を検討するうえでは、将来の変化を視野にいれて間取りを考えることも大切です。
また、完全分離にすることで、自分好みのインテリアを実現することも可能となります。2階の子世帯は、海外インテリアを参考にし、ポップな空間に仕上げています。
同居していても、お互いの世帯が気を遣わず過ごす...二世帯住宅を検討するうえでは外せないポイントですよね。完全分離型なら、それぞれの生活空間が分かれているので、比較的お互いの心地よい距離感で暮らしやすいといえます。

こちらの事例も、玄関やそのほかの設備はすべて別。しかし、ドアで仕切った廊下でつながっているので、お互いの存在を感じながら住まうことが可能となっています。
完全分離型のメリットといえば、先にも述べたように、お互いの世帯に気を遣うことなく理想のインテリアを取り入れらるという点が挙げられますが、こちらの事例もそんな風に自分好みのスタイルを実現した好例です。

もともと所有していた雑貨や家具などとも相性バツグンの空間ができあがり、お互い過ごしやすい住宅となりました。

部分共有型でほどよい距離感

キッチンや玄関など、部分によっては設備を共有するタイプを「部分共有型」といいます。

メリットとしては、共有部分があることで建築コストをおさえることができます。また、リビングやダイニングなどくつろぎの空間はそれぞれの世帯で確保されているので、完全同居型に比べると、インテリアも自分の好きなスタイルを楽しめます。
こちらは、玄関を共有した二世帯住宅。
ソファなどは置かずダイニングテーブル中心に暮らす、自動車は所有しないなど、プランニングの段階で暮らし方を定めることで、広いバルコニーテラスを設けることができ、スペースを有効活用した快適空間が生まれました。

暮らし方の方向性を決めるにあたっては、家族全員の総意が大切です。それぞれの意見を尊重し、話し合うことから、二世帯住宅の住まいづくりが始まっているといえるでしょう。

完全同居型で家族の交流をたのしむ

完全同居型という住まい方ももちろんあります。寝室以外は基本的にすべて共有するタイプの間取りです。

交流の時間が増え、世代を超えた家族の共同生活を楽しむことができます。
ただ、一方で生活時間帯にズレがある場合はお互いに気を遣うことになったり、世帯間の関係性によってはあまり適さない場合もあります。
ひとくちに「二世帯住宅」と言っても、このようにさまざまなスタイルがあります。大事なのは、自分たちの思考・生活にあった住まい方を話し合い、無理のないスタイルを検討することです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

注文住宅の依頼先を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る