2019/02/21更新1like2835viewrico.y

壁アレンジで魅せる〜個性を楽しむトイレ空間8選〜

トイレは完全な個室として、周囲の空間からは切り離された場所である場合が多いです。だからこそ、大胆に個性的なアレンジを楽しむのにぴったりですが、家族だけでなくゲストが利用することもあるため、落ち着きのある心地よさも求められます。
そこで今回は、印象的な壁アレンジを楽しみつつも心地よさもきちんとある、素敵なトイレの実例を集めました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

壁アレンジの魅力

コンパクトな個室であるトイレを印象的な空間に変えるなら、見逃せないのが壁のアレンジです。

壁で大胆に遊べば、小物などで余計な装飾を加えずとも、印象的な仕上がりにすることができます。コンパクトな空間だからこそ、ものを増やさずにインテリアを楽しめるのは魅力的ではないでしょうか。

壁アレンジと一口に言っても、壁紙の張り替えや塗り替えなど、その方法はいくつかあります。持ち家や賃貸など、住まいの条件に合ったアレンジ方法を見つけてみてください。

色で遊ぶ

黄色の壁に囲まれたポップな印象のトイレです。

黄色はトーンによっては、広い面積に使用すると眩しさを感じてしまうこともあります。しかし、こちらのトイレの場合は、周囲にあるディテールの白で中和されていることもあり、心地よい仕上がりになっています。

アクセントにリラックス効果のあるグリーンを少し飾るだけで、黄色の強さが和らぎます。
爽やかなミントグリーンの壁紙がアクセントになった、清潔感のある明るい印象のトイレ。壁の一面だけを好みの色にするのもよいですね。

また、トイレの扉に対して正面の壁をアクセントウォールにすることで、個室に奥行きを演出することができます。

より心地よい空間にするためには、色彩心理の効果にも配慮して色選びをするのがおすすめですよ。

柄で遊ぶ

華やかなピンクローズの壁紙がエレガントな空間をつくり出しています。

トイレットペーパーやリモコンパネルのある壁に柄を取り入れることで、生活感がカモフラージュされているのも注目したいポイントです。
正面の黒壁で奥行きを出しつつ、両サイドにはモノトーンの柄壁を取り入れた、個性際立つ空間。ユニークな柄でも、モノトーンならにぎやかになり過ぎることなく楽しめます。

柄を取り入れる場合は、空間にある他のディテールの色と合わせたり、色数控えめのシンプルな配色のものを選んだりすると、まとまりのあるコーディネートをつくりやすいのでおすすめです。

素材で遊ぶ

タイルやレンガ風の壁紙といった素材や、素材感のあるものを取り入れれば、フラットな壁とはまた一味違う空間演出をしてくれます。

配色を利かせたコラベルタイルと、シックにワントーンでまとめた両サイドのレンガ風壁紙のコントラストが絶妙です。
リズミカルな動きを感じさせてくれるヘリンボーン張りなら、トイレを個性的かつナチュラルに彩ってくれます。

こちらはウッドパネル調のデザインクロスを使っていますが、仮にフェイクであっても木の表情が空間に加わると、ぐっとリラックスしたムードに。

カタチで遊ぶ

ニッチを設けてみるのも◎。

小物のディスプレイを楽しんだり、観葉植物を置いたりと、限られたスペースのなかでインテリアの可能性を広げてくれます。
手洗い用のシンク周りの壁に、一段くぼみをつけたデザイン性の高いトイレ。

正面の壁とくぼみ部分にタイルでさらに変化をつけることで、配管や配線もうまくカバーしています。
商業施設や飲食店などでも、きれいなだけでなくおしゃれなトイレに出会うと、気分があがりませんか?自宅のトイレも壁のアレンジ次第で、扉を開くのがちょっと楽しみなるような空間にすることができます。ぜひ、参考にしてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

バス(風呂・浴室)/トイレの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る