2016年07月30日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

中高生の子供部屋~小さい頃とはちょっと違う工夫をしてみよう~

家を建てるときに、その時点での家族構成を考慮することはもちろんですが、5年後10年後の家族の年齢や生活スタイルまで見越して計画することが必要になります。小さなお子さんもどんどん成長し、お部屋の使い方やインテリアも変わってくるでしょう。中学生、高校生ともなると個室で過ごす時間も多くなります。勉強に集中できるような環境を整えてあげることも重要ですね。中高生に適したお部屋の事例をみてみましょう。


とにかく勉強中は集中

落ち着いたモノトーンのファブリックでまとめた男の子らしいシンプルなお部屋です。書籍などはまとめてロフトに収納しているので、机周りはすっきりし勉強に集中できそうです。

建築面積約9坪でここまで広い家

造り付けの机からは外の景色が見え、勉強で疲れた目を休めることができます。ロフトベッドは子供心をくすぐる秘密基地のようでワクワクします。机に向かっている時に、ベッドが目に入らないのは気が散らなくて効果的との話もあるので一石二鳥ですね。

国府台の家

こちらも上部のロフトスペースと下部の勉強スペースに分かれていて、集中力が持続しそうなお部屋です。扉を閉めると個室ですが、扉を開け放して階段ホールとのつながりを持ち、家族の気配を感じることもできるので、家族との距離の取り方が難しい中高生にはちょうどよいのではないでしょうか。

大きなテーブルのある家

遊び心は必要

スキップフロアのお部屋です。お部屋の中に段差があることで、ロフトとはまた違う動きのある空間になっています。ベッドが一段高いところにあるので隠れ家的で楽しいですね。

高槻のスキップフロアハウス

やっぱり「かわいい」や「かっこいい」も大事

中高生なら壁にいろんな装飾をしたい!写真やポストカードを飾るならこんな風にライトアップしてみたらいかがでしょう。遊びにきた友達からもかわいいと褒められそうですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

音楽にハマる男の子は、今も昔も変わらず多いのではないでしょうか。そんな趣味をかっこよくインテリアに取り入れたお部屋です。ポスターもフレームに入れるとかっこよさが際立ちますね。

homemydesign.com

出典:homemydesign.com


この記事を書いた人

スミレ4539さん

実家は茅葺屋根の古民家です。
古い家から新しい家まで家のことは何でも興味があります。
実は廃墟・廃屋も大好きです・・・

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • ダイニングキッチン
  • ダイニング
  • リビング
  • みんなの居場所

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問