2014年10月01日更新

インテリア(その他)

部屋を広く見せる技アリ テクニック!~巧妙インテリア術~

ちょっとした違いが大きな差になる!?
部屋を広く賢く使うことで”狭い” ”不便” ”雑然としてる”など部屋の不満が解消するかもしれません。
今すぐにでも実践したいインテリア術をまとめてみました。

0 お気に入り追加 18823view

1.カラーマジックを使う

壁の色・床の色・家具の色を効果的に配置することで広く見せることができます。
淡い色の方が圧倒的に広く見え、収納や家具も同系色だと一体化して見えます。
差し色は濃い色でもステキです。

出典:pinterest.com

2.高さの技を使う

部屋の中心にはなるべくモノを置かず、壁に這わせる。
モノを置くとしたら背の低いものにする。視線をさえぎるものが無いと自然と広く感じる。

マンションリノベーション・リフォーム事例「seki house」

3.収納のアイデアを使う

意外にネックになるのが収納。床にモノがたくさんあるとそれだけで部屋が狭く感じるもの。見えない収納・壁際収納・魅せる収納を上手に収納して、綺麗で広く感じる部屋へ変身。

マンションリノベーション・リフォーム事例「No.74 30代/2人暮らし」

4.ミラーの魔法を使う

視覚的に空間を増やしてしまう鏡。効果的に使うことで広さを感じさせることが可能です。

マンションリノベーション・リフォーム事例「No.79 3人暮らし」

5.スケルトンを組み込む

透明だからその分の空間も一体化できる裏技です。階段でも、水周りでも、ホールでもシースルーにすると空間が広がります。

出典:pinterest.com

6.最後の手段はドアや壁を抜く・・・。

インテリアでどうにも出来ない・・・。ならばドアを外したり壁を抜いたりしてはいかがでしょう?一続きの部屋にしてしまうか、壁の一部だけ抜いて空間だけ共有するか。いずれにしても、部屋は広く大きく感じられること間違いなしです。

リノベーション会社:LOHAS studio「無垢材の床を好みの色に塗装しアンティークが似合う空間に」(リノベりす掲載)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • ファサード
  • クローゼット
  • 1階親世帯リビング
  • 浴室
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?