2015年05月18日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

自宅の計画にも取り入れてみたい!使ってみてわかる畳床の良さ

新築やリノベーションを計画するとき、どれぐらいの人が畳の部屋の要望を出すのでしょう。もちろん畳がなくなることはありませんが、積極的に畳を使う方は年々減ってきているのではないでしょうか。そんな心配を込めて、ここでは畳を使った部屋の事例をいくつか紹介してみます。
畳の良さは分かっているけれど、床に直接座る機会が確実に減っているのは否めません。身体機能に問題があって、座敷を使えない方もいるでしょう。ただ、そういう方でも和室を小上がりにしたり、堀こたつ風につくることで畳を諦めずにすみます。このページをご覧になり、畳の良さをもう一度見直す機会になれば良いですね。


建物自体は洋風の家なのですが、最上階の一角にしっかりとした畳の部屋を設けています。なぜか安心しますね。障子が貼られていない箇所がありますが、戸を閉じていても外の景色が楽しめるため、中抜きにしています。そして障子戸とサッシの間にはブラインドがあるようです。

NAG-house スキップフロアーの家 (和室)

築65年の古民家を全面的にリフォームした物件です。当然ながらこの家は畳の部屋も多く、この和室もそのひとつです。和室にはめずらしいペンダント照明と天井の切り返しに注目です。

魚津の家 (和室)

障子戸が独特ですが、広縁側から見るとどのように紙を貼っているかがわかります。それにしてもこの広縁も圧巻です。

魚津の家

家全体を見ると、和洋折衷かなと思える建物ですが、決して和風な家ということではありません。

軒下のいえ (外観2)

外観からも連想できますが、とても趣味の良いモダンな和室がつくられています。
畳の気持ち良さが感じられる部屋ですね。

軒下のいえ

表千家の本格的な茶室であり、畳も京間(本間割り)を使用。茶席の静寂性を保つために、ここから離れたところに換気室を用意し、炭を使用しても必要な換気性能を確保しています。職人の工夫と技が生かされている和室です。

和に合う、ミッドセンチュリー家具との住空間

和風の匂いが好みの施主さんなのでしょう。
純和風の畳の部屋は、ここではつくらなかったようですが、随所に畳床が見えています。天井を露わしてつくっており、古民家風のよう。また隠れて見えませんが、玄関土間には薪ストーブを設置しています。

雉やまの家

小上がりと、段差を設けた和室が印象的なLDですが、手前の小上がりは将来的に親との同居を見込んで用意しているものです。地窓、吊収納、見切りの格子建具などこれならいつ同居しても安心です。

南流山の家 (客間(和室))

奥の畳の部屋は掘りこたつにするため、一段高くつくったのでしょう。やはり座ったとき足が楽ですね。

南流山の家

畳を高くしたのは、中央のテーブルを足を伸ばして腰掛けれる仕様に。椅子に座る感覚のダイニングなのに、そのまま寝っ転がれるなんて夢のよう・・・天気の良い日は事例画像のように窓を開け放って昼寝もできてしまう、極上の癒し空間です。

Tei 海がみえる家

こちらも小上がりの座敷です。二世帯住宅の子世帯側のLDに設けています。来客が多い家なら、小上がりは用意しておくと便利です。大開口の窓は小上がりからでも景色が眺められるようになっています。

常陸太田の家

リビング横の和室は使い勝手が悪く、がらんとした状態の家も多いでしょう。こちらの事例は、小上がりになった和室の一部のワークスペースを掘りごたつ式にすることで、足も楽になりそしてしっかり使い勝手の良い和室になっています。ダイニングにいる家族とも同じ目線で会話を楽しむこともできるのも嬉しいですね。

LDKと一体感のある畳スペース (リビング、小上がり和室)

その小上がりですが、畳下に大容量の収納も設けることができました。

LDKと一体感のある畳スペース

畳は柔らかく弾力性に富みますので、元気な子どもが家で遊ぶのにはもって来いの建築材料です。こちらのお子様は、歌とダンスが大好き。ご主人が得意なギターに合わせてパフォーマンスを見せることもあるそう。畳の感覚を忘れない大人に成長していってほしいものです。

リノベーション / Leaf (和室)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム1
  • 外観
  • 書斎
  • 外観
  • 赤のルイスポールセンのライトがアクセント

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問