2015年12月04日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

畳リビングでごろごろ過ごす”至福の時間”を我が家にもつくろう!

空気がひんやりと冷たく感じるようになり、冬が近付いてきているのを感じ始めると、恋しくなるのが“こたつ”です。
こたつでごろごろ過ごしながら好きな本を読んだり、テレビを観たり、ウトウトと昼寝をしたり…まさに至福の時間ですよね。
ですが、リビングの雰囲気に合わないから…と、今はこたつを置いていないお家が多いのでは?
リビング=フローリング…のイメージを持ってしまっていませんか?
畳リビングなら、こたつはもちろん、すぐにごろっと出来るくつろぎ空間が作れますよ!


琉球畳がポイント!

畳リビング…と聞くと、昔ながらの古臭い和室をイメージしてしまう方もいるのでは?
和モダンでおしゃれな雰囲気を作るには、“琉球畳”であることがポイントです!
畳縁がない事で圧迫感が無く、和洋折衷の雰囲気も感じさせてくれますよ。

『二子新地の家』雪見障子越しに庭を眺める住まい

こちらのお宅では、リビングからそのままウッドデッキへ続き、お庭に出れてしまう様になっています。リビングからお子様が遊ぶ様子を眺める事が出来ますね!

『小柴見の家』伸びやかに暮らせる和みの家

板間スペースを工夫する

気になるのは、家具やテレビ等の配置です。
やっぱり重たいものを乗せると畳が傷んでしまうのでは…というのが気になりますよね。
畳部分の周りに板間スペースを広めに設ければ、重たい家具等も安心して置く事が出来ます。
板間の奥行は60cm以上にしておくと、大体の家具が畳に乗らずに置けますよ!

『ハコノイエ2|ニンゲンノネドコ』

または、テレビボードや本棚等を造作してもらうのも良いですね。
フローリングと同じ材質で造ってもらえば、一体感が生まれます。

縁の住まい

目線の高さを合わせる工夫

リビングは畳だけどダイニングはフローリングにテーブル…となると、目線の高さが合わなくなってしまいます。床の高さからテーブルを見上げるのも圧迫感があり、会話もし辛いですよね。
そこで、畳部分を小上がりにして目線の高さを近付ける工夫がオススメです!

『和気町の家』里山風景を望む2階リビングの住まい

キッチンとも高さを合わせておけば、料理をしながらでも会話を楽しめます。

ゆるまる家

小上がりにする事で出来るスペースを収納に使うアイデアもあります。
あまりごちゃごちゃと家具を置きたくない方にもオススメの収納法ですね。

世田谷の住宅2


この記事を書いた人

chao-chikoさん

築25年の戸建をリノベーションして、そろそろ2年になります。
季節や気分、子供の成長に合わせて、色んなアイデアを日々拾いながら変化を楽しんでいます♪

最近お気に入りされた事例写真

  • 階段
  • 子供部屋
  • 全景 夕景
  • 子供部屋(造作ベッド)
  • ベッドルームのクローゼット

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問