2019/08/10更新2like4032viewkiki

海外から学ぶ!夏のおしゃれテーブルコーディネート

手を掛けて作った料理を最終的に仕上げるのがテーブルコーディネート。家族との食事、友人を呼んでのパーティー、一人のサク飯でもテーブルコーディネートをひと工夫するだけで、食事中の気分や印象が全く違います。

暑い夏でも食事を気持ちよく楽しむことができるテーブルコーディネート、海外の事例から集めてみました。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

テーブルコーディネートの心得

テーブルコーディネートとは、あくまでも食事を引き立てるためのものです。奇抜で目立ちすぎたり、それぞれのシーンにそぐわないものは避けるべきでしょう。

テーブルにつく人が気分良く食事を楽しめるよう、おもてなしの心を持ってテーブルコーディネートを考えてみましょう。

テーブルにグリーンを 植物とともに食事を楽しむ

テーブルの上に植物があることで、華やかさが格段にアップします。花があるものないもの、華やかなものやシンプルなもの、いろいろな植物をシーンに合わせて選んでみましょう。

花がある植物の場合は、夏に咲く花や涼しげな色の花を選ぶとより夏らしさを感じられます。一年を通して季節の花を置き旬の食材を楽しむことで、食卓に四季を呼び込むことができます。
花がない植物の場合は、シンプルに仕上がります。
こちらもシックで素敵なので、大人だけの食事会など、落ち着いたシーンにぴったりです。

出典:Instagram

夏らしさ満点!透明な器と植物を組み合わせた事例です。透明な器だけでも涼しげですが、このようにボタニカルな植物を器の下に見えるように配置することで、一気にリゾート気分に。

テーマカラーを設けてテーブルを演出する

全体を統一するテーマカラーを決めることも、スタイリッシュなテーブルコーディネートを完成させる秘訣の一つです。

こちらは青を基調としたテーブルコーディネート。涼しげで全体的に整った印象ですね。シャキっとした気持ちで一日の始まりを迎える朝食におススメ。
こちらは黄色を基調としたテーブルコーディネート。
ビタミンカラーはとても元気で若々しい印象を与えます。皆が集まるパーティーや、子供がいる家庭の食事などに。

野外での食事にもテーブルコーディネートの工夫を

夏は屋外で食事をするのも気持ちがいいですよね。開放感を味わいながら食事をするにあたり、こちらもテーブルコーディネートの事例を。

外へたくさんの食器を運ぶのは大変なので、大き目のプレートに様々な食材を載せるのも一つの方法。屋外の光の下で食材そのものが美しく映えます。
夜も屋外が気持ちいいもの。そんなシーンには、キャンドルを灯すとムードが一気にアップ。

子供がいる食卓 楽しい要素を散りばめる

子供がいるご家庭や子供を呼ぶ食事の席では、子供も退屈せず楽しめる工夫をしたいところ。

例えばイルミネーションであったり、鮮やかなペーパーナプキンやプレートを用意すると、子供の食事への興味を維持することができますね。
テーブルコーディネートに少しの工夫を加えることで、食事が待ち遠しく楽しくなること間違いありません。いきなりガラッと変えられなくても、できるところから少しずつ変えていってみましょう。
お気に入り

SUVACOでできること

家づくりの学び舎

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

家づくりの専門を探す
専門家選びのご相談はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧