2015年10月01日更新

インテリア(その他)

ほんの少し前の時代だから落ち着く。『昭和インテリア』の家が好き!

ふと気づけば平成も28年。平成生まれのカップルが結婚し、新居を構える時代ですね。
そんな中でもいまだに根強い人気があるのが”昭和”を感じさせるインテリア。昭和を感じさせるというとレトロっぽくて、おじいちゃんおばあちゃんの家のような温かさがあって…とイメージされる方が多いようです。実際に昭和なインテリアを取り入れている方の事例を見ていきましょう。


縁側が昭和を感じさせる家

リノベーションされた建築家の方のご自宅です。格子の天井や照明、木枠の引き戸等、どことなく昭和っぽく、懐かしくなる雰囲気のインテリアです。

昭和の匂い・懐かしさを引継ぐ(木造リフォーム)

昭和初期っぽい新築の注文住宅

昭和の建物をリノベーションされたような趣ある注文住宅です。昭和初期のイメージで、とのご依頼だったそうですが、昭和初期というとまだまだ和装の方がいる反面、「モボ(モダンボーイ)」「モガ(モダンガール)」と呼ばれる西洋風の服装がもてはやされた時代です。このお宅のインテリアもそのように和風の雰囲気を残しながらも、どこか洋風の雰囲気が漂っています。この微妙な雰囲気を形にされたのはやはり建築家の技ですね。

昭和初期の佇まいに暮す

昭和の古家をまるごとリノベーション

こうやって見ていくと昭和ぽいインテリアのキーワードは「縁側」「ぬくもりのある無垢材」です。古家をまるごとリノベーションされたこちらのお宅は、こちらは元は二つの部屋だったそうですが部屋をひとつにし、風通しのよい開放的な空間にしました。

懐かしい新しさをつくる 和のリノベーション(木造1戸建てリノベーション)

マンションをリノベーションして昭和な雰囲気に!

縁側のないマンションでもリノベーションによってインテリアを昭和っぽくできます。こちらのお宅の場合、リノベーションする際のイメージは「昔の古い学校のようなレトロ感」。格子の窓が昭和の学校室内窓の雰囲気そのものですね。

K邸・マンションでもノスタルジーを感じる住まいに

昭和なインテリアが好きなら団地を狙うのも手!

昭和に多く建てられた団地を購入しリノベーションするのも、昭和インテリアが好きな方にはおすすめです。こちらのお宅はリノベーションしつつも、昭和の雰囲気が残るガラス窓などはそのまま残されました。

団地リノベーション! レトロなアトリエ空間をリノベーション×DIYで作る

築53年の実家をリノベーション

ご実家を受け継がれてリノベーションされたそうです。とはいっても、すべてを変えてしまうのではなく、古いものは残したいという希望により、広縁の天井や書斎の建具、本棚などのインテリアはそのままにされたとか。育ってきた昭和の温もりをほどよく残したリノベーションですね。

Y邸・若い世代の為の和の住まい

理想はおじいちゃんの家!

中古住宅を購入。おじいちゃんの家っぽく、との希望でリノベーションされました。建具、床材に加えインテリアも昭和っぽい雰囲気に一役かっています。

Y邸・昔懐かしい昭和時代のレトロな住まい


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 庭から望む家
  • 玄関
  • 雄大なロケーションに建つ家-2
  • ホール
  • トイレ

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問