2015/09/04更新1like4778viewSUVACO編集部

庭がなくても実現できる!鉢植えでつくる我が家のシンボルツリー

エントランスに昔からの大きな松の木があったり、中庭に白樺の木を植えたりと、その住まいならではの「シンボルツリー」は家全体のイメージを象徴するものです。しかし住宅事情などにより、庭を構えることが難しい家の方が大多数。そこで提案したいのが、大きめの鉢植えをシンボルツリーにする方法です。今回は印象的な室内シンボルツリーの事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ナチュラルテイストの空間をより開放的なイメージに

木材の落ち着きを随所に取り入れた暖かみのあるリビング。いきいきとしたグリーンのシンボルツリーが家族の団らんを盛り上げます。
パリ・プロヴァンス地方の雰囲気を感じられるよう床や壁をホワイトに統一したリビングダイニング。タイルやアイアン、落ち着きのある色で塗装した梁のアンティーク感と繊細なディテールのツリーが南欧気分をプラスしています。
使っていなかった和室と広縁を広いLDKへリノベーション。珪藻土の壁、磁器タイル貼りの床、ところどころに配した植物が癒しの空間を演出しています。中でも中心に置いた天井に届く大きな鉢植えが存在感を放っています。

男前な部屋に優しい抜け感を作る

両側の壁一面に収納棚を造り付けた部屋。木材に囲まれた直線的な空間に、南側の全面開口から注ぐ光と大きなシンボルツリーをはじめとするグリーンが優しさを添えています。
無垢のウォールナット材の床をはじめとする温かみのある自然素材と無機質な金属が融合したモダンなリビング。象徴的な1本の木が重厚さに抜け感を与え、よりスタイリッシュな空間を作り出しています。

木陰でくつろぐかのようなコーナー作り

天井に届きそうな大きな鉢植えをリビングのコーナーに配置。ソファに腰掛ければ、まるで木陰で休んでいるかのようなくつろぎを感じられます。
ヴィンテージマンションならではの味わいにイギリス製のソファやアンティークのダイニングテーブルがしっくりなじむリビング。ソファの傍らに大きな鉢植えのシンボルツリーを置き、クッションにもアクセントにグリーンを配した大人のインテリアコーディネートです。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る