2015年07月03日更新

インテリア(雑貨)

出しっぱなしでもOK!『REDECKER(レデッカー)』の絵になるお掃除道具

数年前から、高機能な掃除機やお掃除ロボットが大人気です。
国内外のメーカーが次々と新製品を発売したり、「吸引力が落ちない掃除機」がブームになったこともありました。
でも、ちょっとした掃除に大きな掃除機を出すのは億劫だったり、ロボット掃除機では細かいところが掃除できなかったりしますよね。

そんなプチストレスを解消するのは、昔ながらの天然素材を使ったお掃除道具。
デザイン性の高いものは、そのまま出しておいても素敵です。
今回は、ドイツのレデッカー社のブラシの中から、「見せる収納」もOKなお掃除道具をご紹介します。


ナチュラルなインテリアになじむ、天然素材のブラシ。

日本でもファンの多い、レデッカー社のブラシ。
ナチュラルな木と天然素材でできたブラシたちは、壁にかけておいたり棚に飾っておくだけで絵になります。

こちらは羽毛を使用したダスター(はたき)です。
市販のダスターの中には薬剤が付いているものも多いので使用の際は注意が必要ですが、こちらは掃除をするものの材質を選びません。壁にかけて、気がついたときにさっと使えます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

こちらはダストパン(ちりとり)とブラシ。
セットで置いておけば、テーブルの上などをさっときれいにできます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

こちらはヤギの毛のブラシ。
パソコンなどについた埃を優しく取り除いてくれます。
使わないときは、こんなふうにビンに飾っておくのもお洒落ですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

これはもう、見せないともったいない!
ハリネズミの形をしたブラシです。
机やテーブルの上で、いつでもスタンバイしていてくれますよ。

pinterest.com

出典:pinterest.com

キッチンブラシは、日本でもおなじみではないでしょうか。
鍋やフライパンを洗うのに使います。
柔らかい天然毛を使用していて、洗うものを傷つけにくくなっています。

fatherrabbit.com

出典:fatherrabbit.com

マッシュルーム型のキッチンブラシ。
ちょこんと置いておくだけでかわいい!
細かいものを洗うのに良さそうです。

fatherrabbit.com

出典:fatherrabbit.com

スイーパー。
日本のほうきにあたるブラシです。
天然木と天然毛のナチュラルな質感は、インテリアにもなります。

fatherrabbit.com

出典:fatherrabbit.com

隠しておくのはもったいない!お気に入りのブラシは「見せる収納」で。

ブラシ自体がお洒落なので、こんなふうに壁にかけておくだけでも絵になります。

house m/a

レデッカー社では、視覚に障がいを持つ職人が多く働いています。
目で確認ができない分、手で触れて確認しながら一つ一つ丁寧に作られています。

ドイツでは安易に安いものを買わず、多少価格が高くても、しっかりしたつくりのブラシを買うという人が多いのだそうですが、これらのブラシが障がい者によって作られていることもよく知られており、彼らへの応援の気持ちもあって使用されているそうです。
道具に秘められたストーリーを知ることで、ますます大切にしたくなりそうですね。


この記事を書いた人

Noriko Kanauchiさん

建材からインテリア小物まで、建物に関連することが大好きです。
固定資産税の元になる家屋評価に関わる仕事をしていた経験があります。
知識を生かしてこれから住宅を建築されるかたのお役に立ちたいと思います。

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面バス
  • 砧の家 寝室
  • 赤坂の家 寝室
  • トイレ
  • ダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問