2014年10月16日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

スウェーデンの男の子の部屋~10才以上編~

女の子の部屋、というとピンクで、人形やぬいぐるみが一杯あって、レースのカーテンで、きちんと整理されていて、、、と色々と想像できますが、男の子、それも10才以上となると一体どんな部屋を用意したらいいのやら。壁紙一つとってもかわいらしいのは嫌がるし、おもちゃだって掃除に入った親が踏みつけようものなら悲鳴をあげたくなるようなミニカーやら線路やら電車やら戦隊物やら。。一言でいうと夢がない、って感じでテンションダウンしそうですよね。
海外ではどうなのでしょう?スウェーデンの10才以上の男子の部屋を覗いてみました。

0 お気に入り追加 11221view

10才半の男の子の部屋です。色使いが男子の部屋ですね。壁のオリーブ色は彼が自分で選んだ物。机はもらい物を自分で黒く塗り直し、椅子はイケアの黒い椅子を買ったそうです。

出典:styleroom.se

机というと、こんな机も見つけました。蚤の市で買ったアンティークの机をお母さんが黒と水色に塗ったそうです。色使い一つで男の子用っぽくなりますね。

出典:styleroom.se

最初の男の子の部屋と同じ様な、オリーブグリーンが印象的な10才男子の部屋です。友達が集まってゲームをするから、テレビは必需品のようです。どこの国も同じですね。。。

出典:styleroom.se

サッカー好きの11才男子の部屋。壁の色は、自分で選んだそうです。自分の部屋の色は自分で選ぶ。こうやってインテリアセンスが養われていくのですね。

出典:styleroom.se

次は、今まで使っていた子ども部屋をティーンエイジャーっぽくリノベーションしている奮闘例です。昔はまっていたスパイダーマンも飽きてきて、ベッドに行くのにいちいち階段登るのが嫌になってきた12才男子。自分で壁のペンキ塗りをがんばりました。

出典:styleroom.se

出典:styleroom.se

結果がこの部屋です。見事にティーンの部屋に変身です。

出典:styleroom.se

日本の事例です。男の子三人で一つの部屋を共有しているパターン。自分のプライベートゾーンは確保されているし、小さいうちは、遊ぶときは一緒なので、このように部屋を一つにしてしまうのは素敵なアイデアですね。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 赤坂の家 バルコニー
  • 赤坂の家 洗面
  • ダイニング2
  • 吹き抜けに渡り廊下のあるLDK
  • 書斎コーナー

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。