2014年11月13日更新

インテリア(雑貨)

スウェーデンのクリスマスツリーデコレーション-ホワイトオーナメント編-

この時期の街中は、ハロウィーンの飾り付けが終わったらすぐにクリスマスの飾り付け。
クリスマスも12/25が過ぎた途端、お正月の飾り付け・・・とめまぐるしく変わっていきます。

北欧スウェーデンではクリスマスツリーの飾り付けは12/13。
クリスマスが過ぎてもそのまま飾っていて、大体1/13までに片付けることになっています。
そんな北欧の家庭では、どのようなデコレーションをしているのでしょうか?今回は、ホワイトオーナメントな上品なクリスマスツリーをご紹介します。同じ色を使用しても、こんなにも印象が違うんですね。
シックなイメージになるクリスマスツリー。一度このような抑えた色使いもいかがでしょうか?


日本のクリスマスツリーと比べると意外とシックというか、地味な感じですね。
下にブタのぬいぐるみが置かれていますが、ブタは幸せを運ぶシンボルなんだそうです。

styleroom.se

出典:styleroom.se

ツリーをブリキの鉢植えバスケットに入れていますが、シャビーシックな感じが出ていて素敵です☆ツリーの足元に積み上げてあるのはクリスマスプレゼント。あちこちから届いたプレゼントはこうやってツリーの足元に置いて、クリスマスに一斉に開けるんだそうです。

styleroom.se

出典:styleroom.se

足元に藁でできた物が見えますが、これはヤギです。スウェーデンではクリスマスには藁のヤギを飾る習慣があるのです。

styleroom.se

出典:styleroom.se

真ん中にあるハート形のものはペッパーカーカというジンジャークッキー。
スウェーデンでは、クリスマス時期に特にペッパーカーカを作る習慣があり、オーナメントとしても使われています。

styleroom.se

出典:styleroom.se

オーナメントが盛りだくさんについている華やかなツリー。白一色に統一しているので、たくさんオーナメントを飾っても上品な仕上がりになりますね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

こちらも真っ白ですが、ツリーの足元の敷物が赤いので、多少私たちが考えるクリスマスツリーらしさが出ています。先程の写真もそうですが、統一感を出すためかクリスマスプレゼントの包装の色もすべて統一されていますね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

三角錐のような物は伝統的なオーナメントの形です。
こちらにもブタのぬいぐるみがいますね。

styleroom.se

出典:styleroom.se


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングルーム
  • キッチン1
  • 畳下収納
  • キッチン4
  • 寝室

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問