2014年10月22日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

すごい! 1800年代のぼろぼろ小屋がDIYでこんなになりました!

最近は日本でもDIYがブームになり、あちこちのホームセンターがにぎわっているようです。
北欧スウェーデンではDIYは当たり前のこと。だからイケアもああいう、自分で組み立てる、という方式なのですね。
小屋を丸ごとDIYされた例を見つけました。


舞台になるのはこの1800年代に建てられた小屋。なんと、この小屋、家を買ったらおまけについてきたそうです。表から見たら築100年以上とは思えないくらいかわいらしくて素敵ですが、裏を回れば。。。

styleroom.se

出典:styleroom.se

ぼろぼろです。

styleroom.se

出典:styleroom.se

中は壁が破れ、せっかくの18世紀の壁紙も裂けられ、悲惨な状態です。

styleroom.se

出典:styleroom.se

このオーナーの方はなんと、自分たちだけでDIY・リノベーションすることを決意。まず痛んでいる壁をはがし、それでも使えるものは元に戻そう、とレンガは洗ってまた使えるようにし、天井も半分剥いで作業されました。

styleroom.se

出典:styleroom.se

屋根の瓦の葺き替えも、もちろん自分たちで。親切な隣人がトラクターを貸してくれたおかげで作業がはかどったそうです。もちろん、簡単にできるわけではありません。
時間のかかる作業です。家の周りの木の様子から見て、秋から冬の間ずっと、春を過ぎても作業されていたのがわかります。

styleroom.se

出典:styleroom.se

さあ、そしてどのようになったのでしょう!スタジオとアトリエにするために改装をがんばられた結果は―――。このようになりました!
梁をいかした吹き抜けの部屋に。ネコも窓辺の探検が楽しそうですね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

上から見たところです。白に、オレンジがポイントになった素敵なアトリエになりました。

styleroom.se

出典:styleroom.se

日本でも同じように梁を生かして再生された、大正時代建築の古民家の事例もあります。日本とスウェーデン。場所も建てられた時期も違うのに、同じ梁を生かしているのが興味深いですね。

古民家の再生


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • TOILET
  • 外観
  • 外観3
  • 使い勝手を計算されたランドリールーム
  • 庭

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問