2019/03/31更新1like1293viewHaruka Yamasaki

この家にはいつも、やさしい「ひだまり」があふれている

朝起きたときにカーテンを開けると、ぽかぽかとあたたかな太陽の光が差し込む。
キラキラ眩しい朝の光を浴びると、少しだけカラダが「気持ちいい」って喜ぶ気がした。

休日の昼下がり、ふと窓の向こうを見ると、うららかな春の日差しが心地よさそうに思えた。
仕事で疲れ切っていたカラダに力があふれてきて、なんだかお散歩したい楽しい気分に。

家の中で「陽の光」を感じると、元気が湧いてくる。
外にいるときとは少し違う、安心するようなやさしさを感じるから。

“やさしい光”との暮らし。
太陽のぬくもりを感じる家には、きっと幸せがあふれているのだろう。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

家中にある「ひだまり」が、心をあたためてくれる

部屋のあちらこちらから差し込む、柔らかなひだまり。
それは本当にちょっとした光なのに、眺めているだけで心を穏やかにしてくれる。
日々の疲れをあたたかく癒してくれるような存在。

南向きの大きな窓から、さんさんと降り注ぐ太陽の光もステキだけど、家の所々に差し込む“やさしい光”のある暮らしもいいものだ。

家の中に陽の光が差し込むと、まるで太陽が「小さな幸福」を贈ってくれているような。
ちょっとした幸せを感じることができるのだから。
家全体が太陽の光に包まれるような、大開口窓のある家は輝かしく気持ちが良さそうに見える。
でも、光をもっと「特別」に感じる家だってなかなか乙なものだ。

ひだまりの特等席で、景色を楽しむ日々を想像してみると…。
ああ、なんて贅沢なんだろう。
太陽の光に照らされて、健やかに育つ愛しい我が子。
愛する我が子の成長を見守ることができる子ども部屋こそ、光にこだわりたい。

家の中でも外にいるように、のびのびと遊べる。
やさしい光に照らされた愛にあふれる空間。
空から心地よい光が差し込む家では、快適な暮らしが待っているだろう。

朝起きてリビングに行くと、「おはよう!」って言いたくなる爽やかな光。
家族だんらんのランチタイムには、太陽のぬくもりを感じながら食事を味わえる。
お昼過ぎにはやわらかい光の下で、大好きな紅茶とお菓子を楽しむひとときを。

太陽の光を浴びながら、ゆったりとした時間を過ごす。
きっとこんな毎日を過ごしたら、心もカラダもエネルギーに満ちあふれるのだろう。

家の中にひだまりがあると、「時の流れ」を楽しめる

朝起きて浴びる爽やかな太陽の光。
お昼時の光は、やわらかくぽかぽかと気持ちがいい。
日が傾く頃になると、様々な表情の光を見せてくれる。

太陽のやさしさを感じながら、「時の流れ」を楽しむ心の余裕をくれる家。

南向きの部屋ではなくても、大開口窓をつくらなくても。
太陽の光が“生きる”家をつくることはできるのだ。

ひだまりのある暮らしはきっと、今よりもわたしたちに幸せを感じさせてくれるだろう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

注文住宅の依頼先を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る