2019/07/31更新1like84326viewSUVACO編集部

おしゃれなガレージハウスの画像30選

お家のガレージ・車庫にこだわりがありますか?我が家には屋根のない駐車スペースしかなく、洗車して磨いても翌日にはホコリがつくので屋根付きガレージが憧れなんです。車好きさんならば屋根はもちろん、他にもこだわりがありそうですよね!今回は、そんなこだわりの詰まったおしゃれガレージハウスを集めてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

”ガレージ”だけに収まらないイマドキのガレージハウス

ガレージとは屋根と壁のついた愛車の駐車スペースのことを指しますが、イマドキのガレージは単なる駐車スペース・車庫にとどまりません。

土間のような室内と一続きの空間になることで、一つのお部屋のように使っているおしゃれなガレージ事例がたくさん見られます。家全体を開放的な作りにしてやることで自慢の愛車を普段から眺めて暮らすこともできるんです。また、鉄骨フレームではなく木材を前面に押し出したガレージなら、暖かみが感じられ普段の生活の流れで使いたくなるような空間にも仕上がります。

そんな、きっと真似したくなるイマドキのおしゃれガレージを30件ご紹介します。

鏡に映る赤いフェラーリが素敵

愛車の真っ赤なフェラーリが映える白を基調とした家。ガレージにある鏡に赤いフェラーリが映ると、より一層赤が際立ちますね。しかも、リビングダイニングとガレージはガラスで仕切られており、リビングから愛車が眺められるんです。

外土間からも愛車を

ビートルをこよなく愛するご主人の想いから出来上がったガレージ。大好きな愛車を閉じ込めるのではなく、いつも傍に感じられるような設計になってます。家とガレージをつなぐ外土間では、愛車を眺めながらコーヒーを飲んだり、時にはBBQをしたりと、ビートルが自然と目に入りやすいですよね。外土間があることで、ガレージと家とが遮断されず緩やかにつながっています。

梁がむき出しの室内はクラッシックカーにぴったりな雰囲気

室内との距離がより一層近いインナーガレージは、むき出しの梁が特徴的。クラッシックカーに木造のガレージがマッチしていますよね。ガレージ横には、長年コレクションしてきたミニチュアカーを飾るガラス戸の棚もあります。トップライトから降り注ぐ光が愛車を照らせば、より素敵な眺めになりそうですよね。

車を上からも愛でる

ガレージは天井が高く広々としており、コンクリートの壁が無機質でスタイリッシュな空間を作り出しています。さらに、ガレージの上にあるガラス張りの部屋から愛車をゆっくり眺められるようになっています。愛車は色んな角度から見て楽しみたいですものね。

発光するガレージ

ガレージ付き二世帯住宅。 なんとこのガレージ夜は行灯のように発光するそうです!
ガレージの光で、愛車もまた違った表情を見せてくれるでしょうね。道行く人もガレージと愛車を見る回数が増えそうです。

仲間と集う広々スペース

玄関ホールの正面にガレージがあり、車を中心とした家という印象を受けますよね。
ガレージ横には作業カウンターやテーブル、プラモデル展示棚などが備えられており、同じように車が好きな仲間達が集い語り合える、そんな素敵なスペースになっています。
さらにこちらのガレージには、車を整備する工具もインテリアのように飾られています。
毎日仲間が入れ替わり立ち替わり訪れそうなガレージですよね!

生活空間とガレージが一体化

ホンダ「BEAT」と大型バイクをこよなく愛するご夫婦のための住まい。リビングもガレージ床もコンクリート土間になっており、まさに生活空間と一体化したガレージになっています。愛車を眺めながら食事をしたり、ゆったり過ごしたり、常に愛車と共に!という空間ですよね。

近未来的なイメージのガレージ

ブルーの照明がスタイリッシュなガレージと、おしゃれな丸窓が目を惹く夕景の外観。建物の外観は宇宙船をイメージしたということで、かなり近未来の雰囲気を醸し出しています。ご近所さんもハッとするおしゃれガレージです。

ロードバイクだけではない、いまどきのガレージ

都内に建つ狭小住宅のガレージ。旦那様の趣味であるロードバイク用のためのガレージですが、本棚や机を配置することで、いわゆるガレージにとどまらない趣味の空間に仕上がりました。モルタル床と一面合板の室内にすることで、暖かみのある空間になっています。

土間と一続きのガレージ

クラッシックカーが駐車してある土間と一続きになったガレージ。ガラス戸の大開口があるので、吹き抜け横の二階部分や一階の和室からも車を望むことができ、ギャラリーのような役割も果たしています。

愛車を眺められる階段ホール

外観も内装もモノトーンで統一されたスタイリッシュな住まい。
特に内装素材は白。キッチンや家具の黒で空間を引き締め、階段ホールから見える白いガレージにも黒い愛車が絵のように収められています。

ガレージとスキップフロアのある家

住宅地の一角に建つ、特徴的な外観デザインの住まい。
外からの視線を考慮して、ハイサイドライトのような細長い開口を多用し室内に光を取り込んでいますが、ガレージは「どうそどうぞ」と言うように大きく開かれています。

木製ガレージドアのビルトインガレージ

外観は、タイルや土壁、木製ガレージドア、門扉のアイアンで構成されたゆとりのある住まい。
リビングを挟んで、羨ましくなるようなビルトインガレージと庭が続いており、実際の広さだけではない開放感あふれる空間になっています。

趣味空間を集結

夫婦のライフスタイルと趣味が重なり合ってプランされた住まい。
ご主人の寝室横にはホームシアターが隣接。両室から階下のガレージの車を見下ろす事と、直接ガレージに行き来できるように!これ以上ないのでは?と思ってしまうような趣味空間が充実しています。

庭を望める開放的なガレージ

扉の向こうが、こんな素敵な空間だと想像できないくらい開放的で充実したガレージ空間。
中庭を囲むように部屋が続いている住まいは良くありますが、こんな広いガレージが中庭に隣接。その向こうにはリビングダイニングがあり、どこを切り取ってもフォトジェニック!

自転車をディスプレイ

インテリアショップのような佇まいの家。
外から見える室内インテリアはもちろんですが、ガレージの中も考えられてディスプレイされているようです。間違いなく、この住宅地のシンボル的存在!

愛車スーパー7と機能的で多様性のあるビルトインガレージ

まさに、愛車であるスーパー7に対するご主人のこだわりを優先した住まい。
車2台分の広さと倉庫のあるガレージをエントランスと一体化して、大満足の機能的空間です。

ビルトインガレージの白い家

シンプルな白い建物なのですが、外壁に大きなトカゲのオブジェを付けたり、門扉にデザイン性のあるアイアンを採用したりとオリエンタルな雰囲気のある住まい。
ガレージの中は、車4台分がゆったりおけるような広い空間。照明の光も優しく、まるで居室のようなしつらえです。

木に囲まれたガレージスペース

一つの敷地内に母屋のある、いわゆる「離れ」であるちいさな家。
桜並木を望むための大きな格子窓の下には、天井と壁を木の素材で仕上げたガレージがあります。居室のようなしつらえなので、ガレージだけでなく色々な使い方ができそうです。

愛車チンクチェントを擁するギャラリー

愛車である、古いチンクエチェントのためのギャラリー兼エントランスのある住まい。
天窓と中庭からの光が、リビングダイニングや居室、ギャラリーエントランスにも光を取り込んでいます。

居住スペースから車を垣間見る

プランの中で条件の一つが、インナーガレージを持ち、居住スペースから車が垣間見えること。
インナーガレージは、玄関ギャラリー越しと2階寝室からも見ることが可能!

切妻屋根の家のガレージ

一階がガレージになっている四角い箱の上に、桐妻屋根の黒い箱を乗せたような住まい。
ガレージは、そのまま室内に入ることのできるエントランスと、たっぷりとした収納で開放感のあるスッキリとした空間です。

南斜面に建つ住まいのガレージ

横浜市の景色、その先に富士山への眺望のある南斜面に建つ家。
傾斜にあわせて各階を構成。斜面の一部である地下1階にオーディオルームやガレージをプラン。ガレージは完全なインナーガレージで、南側からと北側からの表情が異なる住まいです。

ポルシェとボルゾイと暮らす家

4台の愛車と大型犬ボルゾイと暮らすための住まい。
外観は、エントランスを中心にシンメトリーで両側にガレージをプラン。リビングダイニングや赤い踏板の階段ホールからもガレージが垣間見ることができます。

駅前通りの家のガレージ

「生活を楽しむ事」がテーマの夫婦のための住まい。
ガレージをはじめ、野菜作りのための温室や展望スペース、オーディオルーム、オフィスなど、盛り込みました。ガレージとオフィスは直接行き来することができるワンルームのようなしつらえです。

水盤のあるガレージコートハウス

落ち着いた雰囲気の住宅地にあるガレージコートハウスです。
リビングダイニング、キッチンそれぞれから中庭と水盤とご主人の趣味である車を楽しむことができます。

ガレージ計画ありきのリノベーション

南に傾斜している日当りの良い住まい。
趣味のフルサイズSUVやバイクが入るガレージをまずプランニング。色々な敷地条件の基、この様な高さもある広々とした空間になりました。

平屋のガレージ

子供が独立した夫婦の住まい。
浜松のカラッ風を封じるために、大きな中庭を設けて、どの部屋も明るく陽だまりを感じらる平屋に。同じようにガレージも、きっちりと入口が閉まるインナーガレージです。

内に広がる家のガレージ

街中の喧噪を住居内に持ち込まない、プライベートもしっかりと確保するために、南面を高い塀で囲った住まい。
中庭のような広い土間からリビングダイニングを挟んだ向こうにはインナーガレージがあります。大型ガラスで仕切られているので、ワンルームのような開放感があります。

打放しの壁向こうのガレージ

コンクリート打放しのモダンな外観。
南からの視線をさえぎりながら、庭のようにもリビングの延長にも感じられる水のテラス。その先には、唯一外に向かって大きく開いているインナーガレージが続きます。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る