2015年01月14日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

使いやすい、アイデア満載の書斎をご紹介!

書斎は、仕事や趣味といった自分空間の醍醐味ですね。使いやすい、快適な空間ならではのお部屋です。それだけにこだわりたいアイテムがたくさんあり、アイデアを集めたお部屋作りがされています。仕事や勉強、そして趣味といった自分のやりたいことを集中してできる空間スペース作りに力が入ります!


書斎ということで、書物がたくさん入る書棚スペースを多く作って、そこに快適に仕訳するといったレイアウトが主流です。木目の書棚はとても落ち着きますし、整理整頓もしやすく分かりやすさも違いますね。見やすさと取り出しやすさを求めて、見た目も大切なポイントです。スッキリ見える書斎は素敵ですね。

N邸

勉強や仕事をするとき、欲しい本や資料がそばにあることが、書斎ならではの快適さです。欲しいものがすぐ取れる、したいことがすぐできる。机のそばにそういった快適な書棚があるとストレスにならずとても助かります!静かな自分空間ですね。

4colors

モダンな部屋、懐かしい空間を書斎にしたとき、落ち着く心地よさは全く違います。集中力の増す部屋作りは、書斎にとって大切なことです。レトロな感じがとても心地よいと感じる方などは、こういった冷たい感じの天井に斬新な色合いの空間は、寛ぎやすいといいます。夢中になれる部屋作りはそれぞれ違いますね。

n邸・どこか懐かしい雰囲気に包まれて暮らす

趣味の部屋でもある書斎は、男性、女性と部屋の雰囲気が変わります。何気なく散らかった感じのする書斎が、これが意外とまとまったインテリアになっていることもありますね。明るい部屋にモダンな色合いが落ち着きのある部屋へ変わります。

n邸・どこか懐かしい雰囲気に包まれて暮らす

木目の書棚が数多くありますね。まるで自宅図書館のようなインテリア感覚です。とても快適な空間に感じます。歩いて、いろいろ見たくなるような、立ち止まって読んでしまいそうなスペースは、自分の世界に吸い込まれてしまいます。お部屋にこういった夢中になれる書斎があると、ついついいつまでも居たくなるような感じが伝わってきますね。

白金台S邸

広く感じる壁の色が、印象的に目に入ります。お洒落で快適な書斎です。趣味のお部屋といった形の印象が伝わってきます。広く、無駄のないお部屋作りに、音楽という趣味のコラボが光ります。空いたスペースをどう生かすのかは、そのときによって違いますが、好きなアーチストを思う存分堪能しながら、自分の時間の世界へとつながっていきそうなお部屋ですね。

MS-House

書斎は、ご主人が主に一番凝りたいお部屋だといわれています。最近では女性でも書斎を求める方が増えてきました。
自分空間、趣味や勉強、そして本などを静かな環境で読みたいと思われる方も多く、快適さを求めて、書棚は多くまとめて整理できる場所としても人気です。とても片づけやすいですし、お子さんのためにも書斎は素敵な空間だといえます。
アイデアを家族で出しながら、快適にスペースをレイアウトしていくことが大切ですね。素敵空間である書斎はお洒落な自宅図書館ですね。

ふたつの家族と中庭の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • 外観1
  • 玄関
  • 西側外観
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問