2016/06/10更新0like7635view20061123snsm

効率があがる?!デキる人の書斎活用術

仕事や趣味に没頭する時間は少しでも有意義で価値あるものにしたいですよね。
こちらでは効率が上がりそうな、そんなヒントのつまった書斎の事例をご紹介します。
事例の中から自分にあった書斎活用術を見つけて、暮らしの中で活かしてください!

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

書斎+αの空間有効利用

机の下にはなんとピアノが収納されています。書斎としてだけではなく、趣味のピアノも楽しめてしまう趣味部屋を兼ねています。空間の有効活用ですね。

キャスター付きで移動も自由自在

シンプルなデスクとシェルフは自分の使いやすいようにアレンジすることが可能です。2脚の椅子の間にはキャスター付きの棚を置いて、必要な時のみ出すというスタイルに。きっちりと収まることで、圧迫感も減り、自由に作業しやすい位置に移動させることができて便利です。

見やすく取り出しやすい収納で効率アップ!

文房具類をポケット式収納に入れて、見やすく取り出しやすい収納になっています。
引き出しに入れると迷子になりがちな文房具もこうして見渡せる収納にすることで、使いやすさがアップします。
リノベーションカーサ「こだわりの雑貨たちが映えるナチュラルモダンな家(リノベーション)」

造り付けデスクで集中力アップ!

壁一面を少しだけ凹ませて、デスクスペースを確保しています。部屋を広くするためにはとても有効な方法ですし、囲われていると集中力もアップしそうです!

癒しの時間も忘れずに。

大きな窓の前に造り付けられたデスクからは外の景色を望むことができます。いいアイデアは、ふとした瞬間にうまれるもの。集中と癒し、それを両立できる書斎は作業効率を上げてくれることでしょう。

整理整頓で探し物を見つけやすく!

こちらは整理整頓された本棚のある書斎です。奥行も本のサイズにあっているので、探したり、元に戻したりといった作業もしやすいですね。

ちょうどいいサイズのおこもり書斎

さほど広くないスペースですが、書斎として専用スペースを確保。おこもり感のある書斎は集中力がアップしそうですし、必要以上に物を溜めない、ちょうどいいサイズの書斎になっています。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

書斎の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る