2019/04/21更新0like1506viewゼロリノベ

よく使う物こそ、魅せる収納でおしゃれに!場所別の便利ワザ

一生懸命片付けても、数日後には出しっぱなしになっているもの、ありますよね。よく使うものだからこそ、出し入れが面倒でそのままになってしまいがち。

そこで、あえて見えるように収納するのはどうでしょう? 目で見てすぐに分かるので、取り出しやすく整理しやすい。しかも、小物があることで、その人らしい個性的な空間も演出。メリットがいっぱいです。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

キッチン雑貨は、かわいいインテリアになる

小物が出しっぱなしになりやすいキッチン。壁かけ収納などを利用して、使う場所の近くに片づけます。ただ置いてあるのと魅せる収納の違いは、そこにルールがあるかどうか。雑多に見えないためにも、形や色など、ある程度そろえることが大切です。

また、ものとものの間に適度な隙間を持たせることで、ディスプレイしているような「きちんと感」が出ます。
赤い雑貨類がレンガ調の壁やダーク木目調キッチンと調和している。フライパンの持ち手の向きをそろえ、間を空けて配置することで、整然とした雰囲気が出る。

赤い雑貨類がレンガ調の壁やダーク木目調キッチンと調和している。フライパンの持ち手の向きをそろえ、間を空けて配置することで、整然とした雰囲気が出る。

子供部屋全体をカラフルなおもちゃ箱に

1日に何度片付けても汚れていくのが子供部屋。リビングの一部を子供用スペースにしている場合には、なおさら目立ってしまいます。諦めるのではなく、あえて色も、ものも多い場所にしてみるのはどうでしょう? 子供ならではのポップな空間を作れるかもしれません。
リビングの奥が子供スペース。全て見えているので、どこから出してきたか忘れにくい。“元あった場所に片付ける”トレーニングにもなる。

リビングの奥が子供スペース。全て見えているので、どこから出してきたか忘れにくい。“元あった場所に片付ける”トレーニングにもなる。

乱れがちな玄関も、靴箱の中身を見せるとこんなにスッキリ

ついつい靴が出しっぱなしになる玄関。気付けば10足ぐらいが常時だらしなく置かれている始末。「うちには何人住んでいるの」と叫びたくなったことのある人、私だけではないと思います。

そんな時は、あえて靴箱の扉をなくしてみては? 通気性も良いですし、丈をそろえて置くだけでも整った印象に。靴を脱ぐと同時にしまえるので、整理しやすくなります。
ブーツ、長靴…と、靴の種類別に並べるだけでまとまりのある靴入れに。

ブーツ、長靴…と、靴の種類別に並べるだけでまとまりのある靴入れに。

整理整頓にはすぐに出せて、楽にしまえることが大切なので、魅せる収納はうってつけ。また、全て見えるので、常に今持っているものを意識でき、無駄にものを増やさなくてすみます。まずは整理しやすいキッチンから始めてみませんか?
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る