2016/12/10更新2like8930view夏野まゆこ

クリスマスツリーがなくても大丈夫。全部ワンコイン以下でできた!ナチュラルシックな飾りつけ【心も整う、収納術 vol.5】

街中に美しいイルミネーションが輝き、大人も子どももなんだかワクワクする季節がやってきました。そろそろ家の中もクリスマスの飾り付けを始めたいですね。華やかなイメージのクリスマスデコレーションですが、今年はシンプルでナチュラルな雰囲気の飾り付けが気になります。今回は、100円ショップなどで購入できるもので、予算をかけずにできる、白やグレーを基調としたシックなわが家のクリスマスの飾りつけをご紹介したいと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ダイニングスペースには、ダスティなパステルグレイでモノトーンな空間に溶けこむ飾り付けを。

ダイニングスペースには、ダスティなパステルグレイでモノトーンな空間に溶けこむ飾り付けを。

ツリーがなくても大丈夫。枝を使ってナチュラルシックなディスプレイ。

ツリーがほしいけど、スペース的に置くのが難しかったり、子どもが小さくて出すのが危なかったり、意外とツリーを置かないお宅も多いのではないかと思います。わが家もスペースがなく、ツリーは置いていません。

ツリーが描かれたタペストリーを飾ることも考えましたが、今年は白く塗られたミツマタの枝をツリーの代わりに飾ることにしました。
リビングボードの上をディスプレイスペースにすれば、こどもにいたずらされる心配もありません。

リビングボードの上をディスプレイスペースにすれば、こどもにいたずらされる心配もありません。

比較的背の高い枝を使えば見栄えもしますし、控えめなトーンのオーナメントを飾ればシックなツリーに大変身!オーナメントの色によって、好みの雰囲気に変えられるのも嬉しいポイントです。

わが家は、ダイソーで購入したシルバーベースの小さなボールのみで飾りました。
トータルで1000円程度。これくらいの価格であれば、クリスマスが終わった後、処分しても惜しくないですよね。

子どもと一緒に。手作りのリース。

ツリーは置けなくても、どこにでも気軽に飾れるリースはぜひともほしいアイテム。大きいサイズをリビングに飾りたいと思って探していましたが、買うとなるとなかなかいいお値段。どうしようかと思っていたところ、たまたま入ったお花屋さんでお手頃価格のゴールドクレストやヒバの枝を発見。思い切って、今年は2歳半になったムスコと一緒にリースを作ってみることにしました。
お手伝いしているように見えますが、実は枝のちくちくがいやでつまんでるだけです。

お手伝いしているように見えますが、実は枝のちくちくがいやでつまんでるだけです。

さすがにムスコは、必死で枝にワイヤーを巻いている私のそばで、ウロウロしているだけでしたが、参加している気分は味わえたようです。笑
フレッシュな枝から香る瑞々しい香りの中、ムスコとわいわいリースを作るのは個人的にはとても楽しい作業でした。
シンプルなリビングスペースにぴったりのリースができました。

シンプルなリビングスペースにぴったりのリースができました。

できあがったリースは希望通り、直径50センチほどのおおきなサイズ。
殺風景だったリビングにも、ようやくクリスマスらしい彩りが加わりました。ムスコも「リースできたよー」と大喜びで、作った甲斐がありました。

ちなみに、シンプルなリースにしておけば、お正月の飾りにも使えるのでおススメです!

1つあるとっても便利なリースキャンドルホルダー

今回、あってよかったものNo.1はリースキャンドルホルダーです。普段はリビングボードに飾っておいて、お友達が来るときにはテーブルに置けば、テーブルコーディネートにも大活躍。リースキャンドルホルダーがあるだけで、ぐっとクリスマスらしい雰囲気になります。
置くだけでクリスマスの雰囲気が増すリースキャンドルホルダー

置くだけでクリスマスの雰囲気が増すリースキャンドルホルダー

作り方はとっても簡単。持っているシンプルなお皿にガラスのキャンドルホルダーを置き、その回りを好きなデコレーションアイテムで飾るだけ。ちなみに、私はフィトニアのガーランドをクルクルまいて、ヒバと松ぼっくりのピックを添えました。所要時間も5分足らず。

テーブルに置いたとき、子どもたちが触ると危ないので、キャンドルはランプで代用していますが、雰囲気は十分です。
本物のお花と一緒に飾れば、フェイクでも気になりません

本物のお花と一緒に飾れば、フェイクでも気になりません

作り方もとても簡単で、クリスマスシーズン中大活躍してくれる、リースキャンドルホルダー。気軽に取り入れられるので、ぜひ作ってみてくださいね!

空間にクリアな輝きを添えるガラスのオーナメント

リビングにリースしかないのではさみしい印象になってしましますが、かと言って華美に飾るのもわが家の雰囲気とは合わないので、ガラスのオーナメントをいくつか天井から下げることにしました。

イメージ通りのものが見つからなかったので、こちらもちょっと手を加えて作ります。
用意したものは、ロングタイプのガラスオーナメントと、ガラスのサンキャッチャー、そして雪の結晶をモチーフにしたオーナメントです。

ロングのオーナメントを好きな長さでカットし、それにサンキャッチャーや雪の結晶のオーナメントをつけていきます。
今回は全部で12本作りました。
それぞれ別の商品として売られていたものを組み合わせて、オリジナルの飾りを作ります。

それぞれ別の商品として売られていたものを組み合わせて、オリジナルの飾りを作ります。

出来上がったオーナメントの飾り方は、リビング天井のダクトレールに取り付けたフックにテグスを渡し、そのテグスに付けていきます。
この作業が一番大変!バランスを見ながら、つけたり外したりを繰り返し、偏りのないように結びつけていきます。
バランスを見ながテグスにオーナメントを結んでいきます

バランスを見ながテグスにオーナメントを結んでいきます

オーナメントは透明なので主張はしませんが、あるのとないのとでは大違い。光があたると、控えめにキラキラと反射し少し大人な雰囲気の演出になりました。
さりげなく、空間に華やかさを添えるガラスのオーナメント

さりげなく、空間に華やかさを添えるガラスのオーナメント

いかがでしたか?それぞれはワンコイン以下で買えるものばかりですが、少し手を加えるだけで、グッと高見えするアイテムに変わります。お店で気に入るアイテムが見つからなかったら、ぜひ自分なりの組み合わせでコーディネートを考えてみてくださいね。

今回は番外編でわが家のクリスマスの飾りつけについてご紹介いたしました。今年のクリスマスは少し大人の雰囲気で、ナチュラルシックな飾りつけを楽しんでみてはいかがですか?
お気に入りに追加

この記事を書いた人

夏野まゆこさん

中古マンションを購入しリノベーションしてから、家を整えることにハマり、ライフオーガナイザーとクローゼットオーガナイザーの資格を取得しました。
5歳の息子と日々格闘しつつ、10分あれば片付く家を模索中。
「好きなモノと必要なモノだけしかない家」が理想で、できるだけモノは少ないほうがいいと思いつつ、モノがあるからこそ「豊かな暮らし」も実現しているような気がして悶々としています。

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る