2015年10月02日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

「もしも」のときに備えよう。家族を救うストレージ

最近は震災といったこと以外にも、台風や天候の荒れなど、今まで避難の必要性がほとんど無かった身近な出来事が身に危険を及ぼすようになってしまいました。緊急時に必要なグッズを用意しても、それが普段の生活で邪魔になり、しばらく経つと押し入れの奥に追いやられて取り出しにくくなってるなんてことはありませんか?いつくるか分からないのが「震災・災害」です。普段の生活の支障にならない、使い勝手の良いストレージを持って家族の命を守りましょう。


空間全体を余すことなく使う

緊急時用のグッズをストックするからといって、重々しい雰囲気である必要はありません。木材を全面に使ったストレージは、温もりがあって安心感を与えます。ラック等を加えれば、使わなくなった季節物の洋服を収納して普段使いもできます。床にはなるべく物を置かず、見渡すだけで必要な物が見つかるようにしておくのがポイントです。

> この住宅のすべての情報を見る

無駄なスペースがない!

スライド式ドアを開ければすぐに荷物が取り出せる、無駄なスペースがゼロのストレージ。窓があって換気ができるので、避難グッズ以外にも色々ストックできますね。

> この住宅のすべての情報を見る

アクセス重視

1階と2階をつなぐ階段部分にあるストレージ。震災・災害時、家族がいる部屋はバラバラかもしれません。家族がどこにいてもなるべく早くストレージから必要な物を持ってみんなで避難できるように、ストレージを設置する場所は重要です。

> この住宅のすべての情報を見る

廊下横のストレージ

避難時にみんなが通る廊下部分にある収納スペース。上の部分には落ちてきても大丈夫なおむつやティッシュ、ペットシーツ等の軽い物を置くと怪我防止にもなって良いですよ。

リノベーション・リフォーム会社:リホープスタイル「Flower」

洗練されたデザインのストレージ

ブラウンの上品なカーペットでお洒落なストレージ。万が一避難しなければならないとき、とっさに必要な物を持って動けるように専用リュックを入り口の近くに置いておくと安心です。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「軽やかさを感じさせるラグジュアリーモダンな家(リノベーション)」

リビング下のストレージ

みんなの集まるリビングの床下に十分な収納スペースがあります。左側の木の棚に懐中電灯を置いておくと、停電時でも必要な物を見つけやすくていいかもしれません。

> この住宅のすべての情報を見る

階段下のミニストレージ

階段下のデッドスペースを有効活用した収納。大きさも丁度良く、必要なものをすぐに見つけらます。このような小さめのスペースには色んな物を詰め込まず、緊急時グッズ専用として使うと便利ですね。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

lippon55さん

わんことにゃんこが大好き。家庭菜園も好き。食べる事大好き。そんな万年ダイエッター。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか