2016/08/02更新1like4878viewm_sa

絵になる美しい収納5選

使いやすく、それでいて美しい。収納を極めることで空間の質は向上します。
古来より日常生活を健常に保つため、日用品や雑貨などを収納する機能として、蔵や押入れ、和箪笥などを適宜に使い分けて生活してきました。
蔵は耐久性と堅実さを兼ね揃えた建物として重んじられ、押入れは建物の一部(備付け家具)となり、空間のデザインとの一体感が問われました。
そして和箪笥はその細工が美しく、今でもその価値は衰えることなく、蔵や押入れとは違い現代の生活にも順応した、人々に愛される収納となっています。岩屋堂箪笥や仙台箪笥は一級の伝統工芸品としてとても人気です。空間に一つ置かれるだけで、その存在感は圧倒的で、より洗練された空間を作ってくれます。

現在、収納を極める技は、収納としての存在感を高めるのではなく、何か別の機能と共生しながら生活に寄り添い、空間をより豊かなものにしていく補佐的な機能として家の中に存在しています。そして、美しく合理的な収納であることは間違いありません。収納に特化した素敵な空間をいくつかご紹介いたします。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

壁面収納

前橋市にある住宅です。
壁一面を収納にしています。雑多なものを全て受け入れる、大容量でありながら洗練された設えです。

デザインに寄り添う

名古屋市に建つ住宅です。
敷地は間口が狭く、鰻の寝床のようなことから「細長さ」を丁寧にデザインした住宅です。屋上へのアクセスポイントには、壁面収納の他にも、階段に引出しを備え付け、空間を無駄にしないこだわりのデザインになっています。

アクセントとして

北杜市に建つ住宅です。
白壁に白木の板張り天井、そこに木製の壁面収納がアクセントとして備え付けられています。エアコンやテレビをも収納し、収納戸の有無により、表情に変化をつけています。暖炉やペンダントライトとの相性も良い、美しい壁面収納です。

構成力が魅力です

田畑や山合いに溶け込む柔らかい印象の住宅です。
その印象は室内にも展開されていて、開口の丸みや、壁面の色彩、素材の構成など様々なディテールに現れています。
収納は、あえて戸をつけることなく、動線上の一端に組み込まれています。しかし、通行にも視覚的にも収納であることを邪魔することなく、温かみを持って空間と溶け合っています。素材や機能の構成力が光る住宅です。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る