2015年03月21日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

彫刻のようなフォルムを持つ階段特集~何気ない場所をアートに変える~

何度見てもうっとりする彫刻の様なフォルムを持つ階段。あるいは、平面的な空間にインパクトを与えてくれる縦動線としてのアクティブツール。またあるときは壁や天井、床と同化して、階段としての存在を消してしまう。
階段の魅力は多岐に渡ります。それぞれの住空間に適した魅力的な階段をいくつかご紹介致します。


階段構成は至ってシンプルな階段ですが、踏み板、蹴上げ、ささら部分全てに白木にオイルステインで白塗装を施し、上品な雰囲気を出しています。踊り場からの採光が全体に広がり明るく透明感のある階段空間を設えています。

tumblr.com

出典:tumblr.com

こちらも同じく白木の白塗装による空間です。
壁床天井とも同様仕上げにすることで、まるで霧の中にいる様なふんわりとした雰囲気の空間です。手摺は階段途中までで線が細く、きりりとしたリムズを与え、空間に心地良い緊張感を与えています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

連続するコンクリート板がシンプルで美しい階段。手摺も壁にスリットを施すだけ、必要な物だけを丁寧にデザインした階段です。

tumblr.com

出典:tumblr.com

遊び心たっぷりの階段。白い壁と、木材の構成。細くて黒い手摺はまるで絵画のようです。

tumblr.com

出典:tumblr.com

用がなくても上り下りしたくなる階段です。
空間に対して、まるでオブジェとして扱いたくなるフォルムデザイン。

pinterest.com

出典:pinterest.com

アート作品の様な階段。スチールの特性を最大限生かし、美しい構成を魅せています。

beppebrancato.com

出典:beppebrancato.com

階段はリビングの一部であり、また同一空間ではあるものの、ダイニングキッチンとの心理的境界線としても機能しています。段差があり、視野にレベル差が生じることで、作る・食べる行為と、リビングでの寛ぐ行為が心地よく区別されます。また、階段部分もリビング部分も、床は外部へとそのまま延長されていることから、住空間に更なる広がりをもたらし、快適な空間を演出しています。

journal-du-design.fr

出典:journal-du-design.fr


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム3
  • モノトーンの大人リビング
  • スタイリッシュな吹き抜けダイニング
  • 外の空間を感じることができるリビング
  • 1階トイレと洗面コーナー

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問