2016年12月18日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

段差で空間が変わる!小上がり和室・畳コーナーを活かした家15選

広いリビング・ダイニングなどの隅にほっこりとした和室の小上がり。ある程度高さのある小上がりなら、椅子代わりにも使えますし、収納としても機能します。また、洋室ばかりの部屋に和室を1つ設ける際にもよく使われます。そんな小上がりのある素敵な事例をピックアップしてみました。


小上がりとは? そのメリットとデメリットは

小上がり和室とは、床の高さを上げた畳のスペースのことです。リビングの一角につくられることも多く、空間に奥行きと立体感を出すことができます。

あえて段差をつくり高さを設けることで、床下を収納として使えたり、ちょっと腰掛けたり、ごろりと横になったりと空間を多機能に活用することができるところがメリットです。

デメリットとしては、床の高さが出るので天井が低く感じられたり、リビングが狭く感じられたりする可能性があるところ。家のどこにどのような小上がりをつくるか、間取りのプランニングが重要です。

それでは、小上がりを見事に活かすことで、収納や居住スペースを充実させている建築・リフォーム・リノベーションの事例を見ていきましょう。

ダイニングスペースの小上がり収納

キッチン横のダイニングカウンターが小上がりになっているこちらの家。

壁側の小上がり部分からもダイニングテーブルが使用できます。小上がりを利用して広い床下収納を設置。食材の保管や道具などたくさん収納できるので、キッチンをすっきりと保つことができます。

リノベーション会社:リノベーションスタジオKULABO 「キッチンが出迎える家」(リノベりす掲載)

リフォーム・リノベーション会社 kulabo

kulabo

リフォーム・リノベーション会社

たくさんの人がいて、 それぞれのライフスタイルがある。 そこに合うのは、 どんな住まいだろう。 一人ひとりに合った空間を創造する。 KULASHI × LABORATORY それがわたしたち「 KULABO 」です。

リビングの中に、掘りごたつのような畳の小上がり

リビング内にある畳の間です。

テーブルを囲うような形の小上がりは、まるで掘りごたつのよう。足を伸ばしてテーブルに座ることができます。この場所なら家族団らんの機会も増えそうですよね。なんだか和カフェに来たようなおしゃれ空間です。

MMT邸

建築家 横山幸弘

横山幸弘

建築家

「住み手」の要望をできるだけ実現するために工夫しています。「一緒に考える家づくり」と名付けてホームページに掲載しています。 シックハウス対策も高齢者対応も、すべての家で前提になっていると思っています。美しさ(=色や形のバランス)も「住み手」が求める条件の一つです。 使い勝手の良さや省エネ、エコロジー等と共に「美しさ」も一緒に解決しなければなりません。 一緒に考えながら、愛着ある家づくりを進めることで、結果として長持ちする家が実現すると考えています。

客間としても使える、玄関の前の小上がり

玄関を入ってすぐにある小上がりは、ちょっとした客間としても使用できます。

リビング側にも扉はあり、使用しないときは開け放ち、リビングをより開放的にでき、お客様の宿泊時は閉めてしまえば一つの部屋として使用もできます。

癒しの森の中の平屋住宅

建築家 ひばり野 辰郎

ひばり野 辰郎

建築家

「シンプルでここちよい空間」作りを理念にクライアントと一緒に楽しみながら生活空間をデザイン出来る住宅建築を目差しています。

広い部屋の一角に小上がり

高い天井に広いリビングダイニング。その一角にたくさんのクッションが並んだリラックススペースを設けています。

ソファよりもゆったりした体勢で本を読んだり、寝転んだりできる最高の場所ですね。小上がりの下が収納スペースにもなっており、収納力抜群です。

リノベーション / skra

リフォーム・リノベーション会社 株式会社アネストワン

株式会社アネストワン

リフォーム・リノベーション会社

名古屋でリノベーションを手掛ける一級建築士事務所アネストワン。中古マンションや戸建を本物の素材やデザインによってリノベーションすることで、時と共に味わいを増していく空間に生まれ変わるご提案をしています。

部屋の間仕切りにもなる小上がり

広い部屋の隅に小上がりを設け、寝室側にもリビングダイニング側にも開閉する間仕切りを設置しています。

扉をオープンにしておけば、すべての部屋がつながり広々とした空間となります。段差を付ける事で、スペースのゾーニング効果もあがります。

筒の家2

建築家 岩堀未来

岩堀未来

建築家

クライアントにとって家づくりはとてもエネルギーを要する作業です。しかし時間を掛け対話を重ねて信頼関係を築きながら一緒に考えていくことで、それはかけがいのない充実した時間になります。最後にはこれ以上は考えることができなかったという位に対話を重ね納得していただけるような仕事をしたいと考えております。

ベッドとしても使える小上がり

主寝室にある小上がり。畳式なら布団を敷いてゆっくり寝られそう。

日中は、布団がなくともゴロゴロしながらTVが見られる休憩スペースに。うっかり寝すぎてしまいそうな心地よさを感じさせます。

京都市Tn邸

建築家 空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所

空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所

建築家

「用舎行蔵(ようしゃこうぞう)」とは論語に記されている一節です。 ここには「得られる機会に最大限の力を発揮する」という意味が込められています。 私達は、建築を志す者として、如何なる時も全力を持って、その土地でしか成し得 ない“夢”を建物・空間・形に昇華して行く一役を担いたいと考えております。 まずは夢をお聞かせください。夢の空間を一緒にたのしく造っていきましょう!

小上がりの上に、さらに小上がり?

小上がりの下には引き出しベッドが隠れており、コンパクトな空間に段差を設けることで空間を有効活用しています。

ロフト下はおもちゃや衣服をしまう引き出しになっているので、小上がりで遊んでおもちゃを片付けるのも、洗濯物を畳んで収納するのも楽にできる多機能スペースです。隣にはお父さんの書斎スペースがあり、家族との距離も近い団らん空間です。

NEZU FLAT

建築家 kurachiffon

kurachiffon

建築家

クラシフォンは暮らしを編集することで「私らしいくらし」を設計します。 家とは、人生で最も長い時間を過ごす場所。 衣と食のようにもっと“住”も自分らしさを反映して暮らしを楽しんでほしい。 自分のライフスタイルに合う、 世界でたったひとつの住まいを一緒につくりませんか? クラシフォンはゆっくり時間をかけて対話をし、 暮らしを編集するように、 「私らしいくらし」を提案します。

キッチン横の掘りごたつ付き小上がり

こちらのお家では、キッチンの横に小上がりを設けています。

小上がりには掘りごたつがついており、家族や友人と団らんする場所としてはもってこいです。畳は縁のない琉球畳を用いているので、和風になりすぎずモダンな印象の家全体ともなじんでいます。

IN・EX・PLUS

建築家 北野彰作建築研究所

北野彰作建築研究所

建築家

かつて「普請道楽」という言葉が在りました。建築することが究極の趣味=道楽だという意味です。また一方「三回経験しないと満足する家は得られない」という趣旨の言葉もあります。しかし一般的にはそう何度も家を建てる機会は有るものでなく、一生に一度あるか無いかの一大事業です。一度限りの家造りで「普請」する事の醍醐味を安心して味わっていただくために長年の経験と技術で全面的にサポートする、それが弊事務所のモットーです。

ポップな色合いの小上がり

アクセントカラーの効いた扉と隣り合わせになった小上がり。壁にはビビッドな赤色を使うことで、ポップな色合いの扉たちとも上手くなじんでいます。

障子の引き戸がついているので、小上がり部分を和室として仕切って使うことも可能になっています。

和傘の家

建築家 三角 健晃

三角 健晃

建築家

家づくりをしませんか? 正解はありません。 しかし知って欲しいことがあります。 家づくりってとても楽しいものなのです。 本当の意味で200年住み続けられる家とは、 200年愛され続ける家なのではないでしょうか。 愛着のある家はご家族にとって宝石箱です。 幸せなひとときの大半をその家で過ごすことになるのですから。 一生に一度の家づくり、 ご一緒に楽しみましょう。

家族団らんできる、奥まった場所の小上がりスペース

二世帯住宅として設計されたお家の和室です。部屋として完全に独立せずに、畳の小上がりスペースとして奥まった場所にしつらえられてあります。

狭小住宅は収納の場所に困りがちですが、小上がりの下の部分を床下収納としても用いることを可能にすることで、収納場所の問題をうまく解決しています。

結芽の家-ゆめのいえ

建築家 関口 光好

関口 光好

建築家

建築工房 at ease [アットイーズ]という、「明るく」「楽しく」「気取らない」 そして「ちょっとカッコいい」空間づくりを目指している建築設計事務所です。 人と人のぬくもり、季節のうつろいを感じ、 環境にやさしい元気になれるような建物を一緒に作りませんか?

リビングダイニングと一体になった畳の小上がり

こちらの注文住宅では、リビングダイニングと一体にするかたちで畳の小上がりスペースを作りました。

和室として完全に区切ることなく、イス座を中心とした生活の中でも自然と床座の和室空間を使えるような設計です。ちょっと腰掛けることで、ソファーとしての役割も持たせることができます。

橿原の住宅

建築家 EMODIN

EMODIN

建築家

楽しく、愛着を持って長く使えるモノを一緒につくりたいと思っています。

土間とつながった畳の小上がり

玄関から続く土間空間の中に、”みせのま”のようなかたちで畳の小上がりをしつらえています。

土間と一続きになっているので、ゲストをもてなしてたり、ちょっと腰掛けたり、色々な使い方ができそうですね。

宇都宮-U

建築家 アーキテクチャー・ラボ

アーキテクチャー・ラボ

建築家

住宅や商業施設や学校、地方や東京、新築やリフォームなど、 幅広い依頼があり仕事をしてきました クライアントや敷地には同じものはありません。 それらに「ピッタリとあった建築」ができるといいと考えています。 なので、最終的には同じような建築にはならない方がいいと思っています そのような建築が「発見」できるよう、設計のプロセスを重視しています。 そのプロセスを一緒に楽しんで頂けると、よい建築になるような気がします。

小上がりから外を眺めて

戸建てのリフォーム・リノベーション事例です。こちらのお家も土間空間と連続するかたちで小上がりを設けています。

掃き出し窓がすぐ近くにあるので、お庭から戻ってちょっと腰掛けたり、日向ぼっこをしながらお庭を眺めたりできそうです。

巡る家

建築家 古谷俊一

古谷俊一

建築家

わたしたちは、都市空間と人と緑の幸せな関係を作り出します。 かつて多く存在した、里山の風景や鎮守の森のように、 四季折々の自然と人々が作る建築との幸せな関係を礎として、 時代性を捉えながら人々が本当に心地良いと思える、 気の通った空間を作りたいと思っています。 建築、ランドスケープ、インテリアデザインを包括的に手がけることによって、 緑を軸に環境を活かした空間をご提案し、ご依頼主の想いに寄り添いながら、 共にかたち作っていくのがわたしたちの仕事です。

サッシとつながった明るい小上がり

こちらのお家では、障子戸を開くとダイニングと一体になる小上がりを設計しています。

中庭のウッドデッキとつながっているので、小上がりに腰掛けながら縁側のように中庭を使うこともできます。クライミングウォールのあるリビングからの光も差し込むので十分明るい空間になっています。

『クライミングウォールの家』家族の絆を深める心地のよい家

建築家 有島忠男

有島忠男

建築家

住むことが楽しい家、のんびりできる家、派手じゃないけどデザインされた家、存在感のある家、家族のための家、自然の移ろいを感じられる家、人にも環境にも優しい家、家族が仲良く暮せる家、気持ちのいい家・・・・・・・そんな『住み心地のいい家』を作りたいと思いつつ住宅の設計をしています。

床下収納の小上がりにリフォーム・リノベーション

小上がりの下には...容量たっぷりの床下収納があります!

お手持ちの楽器をしまうための大容量の収納が必要だったということで、小上がりの下を大々的に床下収納として使えるようにしています。小上がりの空間はもともとダイニングスペースだったということで、新しい生活に上手く対応出来るようなリフォーム。リノベーションといえます。

暮らしが活きる 大人の古民家風リノベ―ション

リフォーム・リノベーション会社 株式会社 夢工房

株式会社 夢工房

リフォーム・リノベーション会社

神奈川県横浜市・川崎市・東京都の一部をエリアとし、リノベーションの提案・施工をおこなっています。自然素材を積極的にご提案し、健康な住まいつくりを目指しています。

小上がりスペースといっても、実にさまざまな役割を担えることがご理解いただけたでしょうか。はじめから和室は要らないと決めつけず、ちょっとした畳スペースをつくることも検討してみてはいかがでしょう。

この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニングルーム
  • リビング1
  • シンプルなワンルームマンション
  • 光が差し込む玄関
  • Entrance

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問