2015年02月28日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

デザイン性も機能性も抜群!良いことだらけの小上がり和室

最近のリフォーム・リノベーション、特にマンションでは、床を1段高くした小上がりの和室の人気が高まっています。
夏は寝転がって過ごし、冬はこたつに入ってぬくぬくできる和室。長く日本で暮らしている人にとっては、なじみ深くとても落ち着くスペースです。また小上がりはインテリアデザインとして、洋室のリビングやダイニングと意外にもマッチするんです。
普段は家族団欒のスペースとして使い、お客様が来たらパーティースペースに変身させることもできます。また、床を上げている分、その床の下を収納スペースとして利用することもできちゃいます。

今回は、そんなメリットを豊富に持つ小上がりの和室をご紹介したいと思います。
あなたのお住まいのリフォーム・リノベーション・DIYにも、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

3 お気に入り追加 56621view

大容量 × 小上がり

小上がりにすると、畳の下をそのまま収納スペースとして使えるため、大容量のものを収納することができます。
こちらのお住まいでは大きな楽器を収納しています。楽器に限らず、大きなものはその収納場所に困りますが、小上がりがあれば楽勝です。

> この住宅のすべての情報を見る

季節物 × 小上がり

こちらは引き出し式の収納スペースを取り入れた小上がり。
小上がりを使用するときに敷く座布団を収納したり、季節物の洋服を収納したりと、その用途は様々でしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

腰掛け × 小上がり

畳の上に気軽にちょこんと座れるのも、小上がりの良さです。
こちらのお住まいでは小上がりに腰掛けた状態で食事をとることもできます。小上がりとキッチンカウンターが隣接していれば、L型の金具を用いたDIYによりカウンター側面に木板を取り付けることで、どなたでも実践できます。

> この住宅のすべての情報を見る

ヴィンテージ感 × 小上がり

和室が家全体の雰囲気に合わない、そうお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、こちらのヴィンテージ感漂うお住まいでは、畳の色を変えることで、小上がりと全体の雰囲気を調和させています。

> この住宅のすべての情報を見る

子供の遊び場 × 小上がり

家族の憩いの場としても小上がりの畳スペースは大活躍。
畳はフローリングと違い適度なやわらかさがあるので、子供の遊び場にもぴったりです。

> この住宅のすべての情報を見る

夫婦憩いの場 × 小上がり

夫婦の憩いの場としても小上がりは有効的です。
畳にぺたんと座って、足を伸ばして夫婦でまったり・・・息抜きにぴったりのスペースです。

> この住宅のすべての情報を見る

寝室 × 小上がり

日中は家族の憩いの場として、夜は寝室として使うことができる小上がり。
畳の上で寝られるのを好む方には、ぜひともオススメです。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • キッチン1
  • センスが光る洗面台
  • フィッティングルーム兼用のウォークインクローゼット
  • バスルームよりキッチン・玄関を見る
  • リビングダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。