2014年08月08日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

階段下の活用方法1.2.3♪

階段からはじめてみるおうちづくり。階段の下のデッドスペースを自分スタイルに活用してみませんか?
階段下に棚を備え付けて収納を兼ねたみせるオブジェと捉えてみたり、はたまた収納力大幅アップ!を狙ってみたり、まるで一部屋プラスしたようなお得感満載の階段下の活用をご紹介します!


収納スペースとして活用してみる。階段下に棚をつくり、みせる収納として活用。

> この住宅のすべての情報を見る

どんなふうに棚を仕切るかでも見え方・用途も変わってきますね。

出典:iiiinspired.blogspot.jp

みせない収納にすると大容量の収納スペースが出現します!
扉をあけると小部屋が。キッチンのストックを置けるパントリーに。

出典:thekitchn.com

洋風の納戸のように使えます。

出典:pinterest.com

ワークスペースとしてコーナー作りで一部屋増えたかのようなスペースに。

出典:porchlightinteriors.com.au

自分のお部屋は間取り的に持てないけれど、自分のスペースはほしい!という方にぴったり。

出典:pinterest.com

リラックススペースとして活用してみる。
本棚、ソファを置きくつろぎのひとときを。

出典:pinterest.com

出典:pinterest.com

階段があることで、天井が斜めで狭いことを活かした落ち着くスペースができます。

出典:pinterest.com

階段の下だからこその活かし方がいろいろあるんですね!

出典:pinterest.com


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • バスルーム
  • 玄関
  • リビングダイニング
  • おしゃれな玄関
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。