2016年06月19日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

ささやかだけれど、ひとつ「特別」なことをもつ家

特別豪華な設えとはいわないけれども、他にはない我が家だけの特別なことを備えている住宅。
身の丈に合い、個性を尊重し、家族の成長と住宅の成長を共にシンクロしていけるような住宅を幾つかご紹介いたします。


360度の光

敷地の周辺環境を検討した結果、また採光計画の観点から、1階と2階を別のボリュームとして切り離し、その間の層を採光のために作ることで隣家との視線のぶつかりもなく、明るい光を享受できる室内空間を獲得しています。
中間層は360度開口のため、通常の住宅のような耐力壁がありません。そのため柱梁の他、水平力には複数のブレースで対応し、またその構造美をあえて見せるという極めて即物的な表現を採用しています。
室内空間の色調を無機質なものに抑えながらも、これら構造体の木材の持つ圧倒的な存在感から、柔らかい印象を与える空間となっています。

スプリットハウス

床の開口

築25年の戸建リノベーションにより、1階と2階を階段だけでなく視覚的につなげた住宅です。 上下階の直接的なつながりのあるロフトなどとは違い、ここでは床に設けた開口により、互いの気配をさりげなく感じる程度の遊び心のある空間となっています。

F-renovation

覗き込むと下には食卓の風景があります。

F-renovation

回遊する土間空間

室内全体に回遊性のある土間空間を持つ住宅です。
3つに分けたプライベートボリュームを土間が程良く繋ぎ、また、土間があることで外部との境界も意識的に揺らぎ、フットワークの良い空間構成となっています。
それぞれのプライベート空間にレベル差を設けることで、個々にあてがわれたアクティビティはその特別性が顕著になります。また一段下がる土間空間は家族との共有スペースやフリースペースであることをレベル差や内装素材からも実感できる住宅です。

西岡の家 (06リビング2)

特別なブリッジ

室内にプライベート空間をボックスで設け、それらを吹き抜けの大空間が意識的につないでいます。その一つ、子供部屋となるボックスへはブリッジでアクセスできます。
日常的に特別感あふれるこの動線計画は、子どもだけでなく、大人にとっても魅力的なデザインです。

七里ヶ浜の家 (リビング)


この記事を書いた人

m_saさん

ユーザーだけでなく、街と呼応する建築に惹かれます。

最近お気に入りされた事例写真

  • ワークスペース
  • 洗面台
  • ロフト
  • 2Fトイレ
  • 天井と壁がヒノキのバスルーム

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問