2019/08/17更新1like8699viewSOL

自然と親しむ、ゆとりある空間構成。憧れの「平屋」事例集

自然の豊かな地域では特によく見かける平屋の住宅。なぜ平屋が好んでつくられるのでしょうか。ここでは、その理由と事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

なぜ「あえて」平屋を選ぶのか?その魅力を大検証!

平屋とは、1階建ての造りのこと。2階以上の空間がなく、1階に全ての機能を設けるため、2階建て住宅よりも敷地面積が必要となる傾向があります。また、防犯対策の入念な配慮は必須です。

一方で自然の豊かな地域では、2層以上を建てられる土地であっても、あえて平屋を選択するケースが少なくありません。

では、平屋の魅力とは一体何なのでしょうか。
以下にそのメリットを挙げてみました。

●階段の昇り降りの負荷がない。
●構造的な負荷が少ないので、大開口がとりやすい。
●屋根の形状がそのまま内部に現れ、空間形状の自由度が増す。
●天窓をとりやすい。
●地上との接地面が多いため、各部屋が自然の風景に近い。
●周囲の景観への影響を最小限に抑えることができる。


山や森、海などの自然の中に建てる場合、その土地との一体化を目指して外観形状を考える例が多くみられます。つまり平屋とは、自然との一体化を実現できる形態なのです。

そんな平屋のメリットを最大限に活かす、実際の平屋事例をみていきましょう。

海と山へと溶け込む平屋

山頂から海へ続く道の中腹にある住宅。山の美しい稜線との関係を大切にするため、高さを抑えた平屋建てのつくりになっています。

設計の意図通り、潔く左右に延びる箱状のフレームが、ここの景観を壊さない外観となるポイントです。エントランスの扉を開けたときに見える海が、とても素敵です。
奥和田 健「シラハマノヒラヤ」

ウッドデッキで繋がる平屋

こちらは、戸建をリノベーションして生まれた家です。ウッドデッキに面した大開口のリビングが開放的で、気持ちよい空間となっています。既存の庭を生かしたウッドデッキは、日が暮れると室内の灯りでムーディな雰囲気に。お友達を呼んで一緒に1杯飲みたくなりますね。

大自然がつくる絵画をのぞむ平屋

こちらも、屋外への大開口が特徴的な平屋。窓を全て開くと、柱で遮られることないパノラマの自然が目に飛び込んできます。まるで大きな絵画のよう!

リビングの床はテラスと同じレベルでつくられ、内外の境界が曖昧となった気持ちのよい場となっています。

屋根形状を最大限に生かした平屋

住まう場所、ガレージ、倉庫と外観をそれぞれ異なる素材にすることで、より周辺環境と馴染むよう計算されてた、独特の雰囲気を持つ平屋です。

室内はところどころ天窓が設けられていたり、屋根に近い部分に収納棚を設けるなど、遊び心と実用性を兼ね備えた住まいでもあります。

7の字型の平屋

屋根の木組みがそのまま現しとなり、木の温もりが感じられる平屋です。7の字型の特徴的な平面をとり、テラスへ向かって和室やリビングが配置され、光と空気が抜ける爽やかな空間となっています。

凸凹形状の外観をもつ平屋

こちらは鉄骨造の平屋。大きさの異なる6つの箱状空間を並べることで、間にできる隙間をテラスや庭として取り込むユニークな構成となっています。

各部屋の天井高をずらし、ずれた部分にガラスをはめ込むことで、天窓に近い役割を果たす窓をつくっています。室内が光に満ちた明るい空間が生まれました。
自然とのつながりをより感じられる平屋造り、ぜひ参考にしてみてください!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る