2015年06月02日更新

おしゃれな部屋事例(書斎) , インテリア(家具) , 注文住宅(HOW TO)

クリエイターのデスクがかっこいい!SOHOに学ぶ書斎プラン

『書斎』と聞いてまず始めに思い浮かべるのは、昭和の小説家の作業部屋。
本や資料が所狭しと積まれて、薄暗いホコリっぽい部屋で原稿用紙に個性的な文字を並べる。

それも今は昔。
現在の書斎は、クリエイティブの宝庫。
先進の機器が並び、大きめのモニター、長時間の作業に耐えられるデスクやチェア。
仕事だけでなく、環境もクリエイティブ!と思われる設え。
そんなクリエイターが働く現場のアイデアを貴方のお家の書斎のヒントにしてみましょう。

0 お気に入り追加 13389view

この環境から斬新なアイデアが浮かぶ。

カフェのカウンター席の様なつくり。
上部の棚下は、デスクと同じ長さの窓があり、仕事の合間に、外を眺められる。
合理的なタイトなスペースですが、考えをまとめる時、そのまとめを作品にする時には、このクローズドなスペースが、作業効率を上げます。
ちょっと一息……には、窓の外の景色を眺めたりして、眼精疲労も和らぐでしょう。

オウチ18・仙台 SOHOの家

こちらも前の例と同様、横長のデスク配置。
違いは、奥に書類スペースを取り、デスクの正面は壁、PCの上部棚にファイルケースや引出しを乗せる事ができます。
PCから目線を外し、後ろを振り返ると窓があります。

白く古く美しく

アイデアは窓から取り入れる

正面が窓。
屋外で作業している様な気分になります。
自然の採光も取り入れられ、仕事だけでなく、読書や独りの時間を楽しむ空間として多目的に使用する事が可能です。

Tei 海がみえる家

別荘の書斎。
窓に向かってデスクを配置しておりますが、窓との間にスペースを持ち、斜めに差し込む自然の採光を利用して、日中は照明いらずです。
白で統一された室内と屋外のグリーンの対称が、作業効率をアップさせる事間違いなしです。

Y山荘

ダイニングの片隅に配置した書斎空間。
窓の外を眺めながら、少しだけサボっていた家計簿を付けたり、読書をしたりと使い方は無限大です。
奥様が家事をする傍らで、同じ空間でご主人が株価をチェックするなど、空間を共有するのもいいかもしれません。

公園を借景にしたスキップフロアの家

サイドからの採光を取り入れた書斎。
光が差し込む時間は、手元を明るく照らし、モニタに直射日光が当たらず、PC作業環境の採光計画は素晴らしいです。
右手に目をやると、そこはグリーンを配したウッドデッキ。
ちょっとした息抜きに、大きく伸びをしたり、外を眺めながら、コーヒータイムを過ごすのも素敵です。

T邸・南の風が吹き抜けるカフェリゾート空間

目的に合わせた書斎を取り入れる

ご主人の書斎で、このお宅には奥様用の書斎もあります。
ご主人様の書斎は、ファイルケース、ファイル、書籍、書類引出し、そして趣味のパーツなども置かれています。
仕事も趣味も書斎に取り入れる事で、長く滞在しても飽きのこない、そして落ち着く空間になっています。

n邸・どこか懐かしい雰囲気に包まれて暮らす

自宅にオフィスを持って仕事される方の書斎には、たくさんのアイデアが詰まっています。
このアイデアを少しだけ頂いて、皆様のご自宅にも取り入れてみましょう。


この記事を書いた人

一の瀬かのんさん

趣味の海外旅行では、ホテル滞在を一番の楽しみとして、そこで出会う人々や暮らし、家具や小物を記憶に残して、日々の生活に取り入れています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング
  • 寝室
  • 子供部屋2
  • ダイニング1
  • 広々としたエントランス

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問