2016/09/06更新0like4824view莉緒

自宅で開業!SOHOでライフスタイルに合わせて働く

日本でも徐々にフレックスタイムや時短勤務など、様々な働き方が選択できるようになってきました。
多様化する働き方の中でも今注目されているのが、「自宅勤務」や「自宅開業」です。通勤時間や交通費が節約できる、時間にある程度の融通がきくなどメリットも多く、小さなお子さんやご家族の介護をされている方にも仕事がしやすい働き方として期待されています。 今回は、「自宅勤務」や「自宅開業」をしやすく考えられた事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

リビングを持たないこちらのお宅では、仕事の打ち合わせのためのスペースがゆったりととられ、大きめのテーブルセットの他にソファも置かれています。仕事がオフの時には、この部屋をリビングダイニングとして活用できますね。
淡いベージュでコーディネートされた自宅オフィス。
白いデスクを挟むように3脚の椅子が置かれ、普段の仕事にも打ち合わせにも使えるようになっています。これならコンパクトなスペースで全てがまかなえますね。
一口にSOHOといっても様々な業種の方がいらっしゃいます。

こちらはコンピューターのプログラマーをされている方の自宅作業部屋です。
机にはたくさんのモニターが整然と並べられ、棚には周辺機器がスッキリと収納されています。
モニターを見やすくするために部屋の明度を抑えるなど、照明にも工夫がされています。
陽光が降り注ぐ明るい窓辺に置かれた傾斜机には、設計図らしきものが置かれています。
最近はCADを使っての製図が主流ですが、製図以外にもデザイン画やイラストを描く仕事では、やはり明るい空間での作業がいいですよね。

出典:indulgy.com

自宅で洋裁の仕事をされている方の作業部屋です。
糸や生地など細々としたものを分類、収納するために、壁には小さく仕切られた収納棚が設置されています。これならどこに何があるのか一目でわかり、仕事の効率も上がります。
こちらは写真家の方の自宅にある暗室です。
ウォークインクローゼットほどのスペースに必要な機材がまとまっています。
このくらいの広さなら、無理なく確保できそうですね。

出典:flickr.com

お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

書斎の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る