2018/01/13更新1like10088viewゼロリノベ

頭の良い子を育てる間取りにとって、大切なこととは?

この記事を書いた人

「勉強は静かな個室で」、そのために独立した子ども部屋を用意してあげたい。そう思うのは子を愛する親心。空間的な余裕がないなかで、頭をひねり、工夫をし、ときに自分を犠牲にして子どものための家づくりをする方は少なくありません。しかし、最近ではそのような固定観念に縛られず、子どもの成長に合わせた「頭の良い子が育つ間取り・家づくり」が注目されています。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

「頭が良い」も変化している

一昔前までは、詰め込み型の教育が主流、「暗記」する記憶能力によってテストで高得点をとることができていました。

たしかに知識は大事ですが、今やスマホがあれば暗記は不要。知りたいことはググれば出てくるし、Q&AサイトやLINE、Facebook、Twitterなどで人に聞くことも容易です。

就職試験でも、能力テストの際にインターネットを活用しても良いという会社が増えてきています。仕事する上でネット使うのは当たり前、その道具(ツール)を使って、何をするのか?ということが実社会では求められるからです。当然といえば当然の流れですよね。

もちろん、暗記や知識を軽んじるわけではありませんが、今の時代にあっては、それだけでは不十分になってしまったのです。

では、今の教育で重んじられていることはなにか?


例えば、問題解決能力、コミュニケーション能力、クリエイティブな想像力といったものです。勉強して身につけることもできるでしょうが、普段の生活、家庭環境の中で育まれていく能力です。

間取りによって、頭の良い子は育つのか?

これはイエスでもあり、ノーでもあります。

仮に「頭の良い子が育つ家・間取り」が存在したとしていても、そこでの家族関係(人間関係)、コミュニケーションこそが本質。形だけ作っても意味はありません。

しかし、そこをきっちりと踏まえれば、頭の良い子が育つ間取り、共通点と呼べるものは間違いなく存在するようです。

「子は成長する」という落とし穴に注意!

1つ、押さえておかねばならないことがあります。それは、「子は成長する」ということ。幼稚園、小・中・高・大学、社会人、独立と、子どものステージによって、必要な間取りや収納、機能が変わってきます。

たとえば、小さい頃には気にならなくとも、思春期を迎えたあたりからはプライバシーを求めるようになります。じゃあ、やっぱり個室がいいじゃないかというと、それはそれで「密室化の弊害」という問題があります。

自由な空間、変更可能な間取りを

子ども部屋は年齢によって使い方が大きく変わる空間です。

ただ子ども部屋を作ってあげるのではなく、子どもの成長を見越して「頭の良い子を育てる自由な空間、変更可能な間取り」という視点で家づくりを進めるのがポイントになってきます。

次回の記事では、そのための具体的なポイントと理由をお伝えします。
集中力と勉強の関係、子どもの成長に合わせた生活環境のつくり方、プライバシーと密室化、スマホ依存の問題など。

必要なのはお金ではありません。むしろ、理屈がわかってしまえば簡単で、予算を抑えた家づくりができるでしょう。ぜひお楽しみに。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

同じテーマのQ&A

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る