2015年10月11日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

狭小住宅でもすっきり収納!~スペースの活用法~

狭小住宅でもおしゃれにすっきり収納したい人におすすめの、コンパクトスペースの活用法をご紹介します。


キッチンは背面収納ですっきりと

キッチンはできるだけ収納スペースを充実させ、すっきり清潔に保ちましょう。見せる収納も工夫次第でおしゃれにできますし、まずは収納スペースの確保が必要です。

> この住宅のすべての情報を見る

収納たっぷりの広々玄関

狭小住宅でも玄関収納を充実させることでむしろすっきり広々して見えます。収納スペースはしっかり確保しましょう。玄関は見せる収納が難しいので、隠す収納スペースの設置が必要です。

> この住宅のすべての情報を見る

階段下を収納スペースに

階段下のデッドスペースもしっかり収納に活用しましょう。階段下は意外と大きな収納スペースが確保できますので、アイデア次第では賢く沢山収納できます。

> この住宅のすべての情報を見る

階段で本を読む

階段部分もデッドスペースがあれば収納にしてしまうのもよいですね。ただ、階段自体に物を置くと危ないので、しっかり収納スペースを確保して物を置くようにしましょう。

> この住宅のすべての情報を見る

縁側も収納スペースに

古民家リノベーションなどは縁側などもしっかり活用して収納スペースを増やしていきたいですね。本だけではなく、趣味の物を置くのにもぴったりですね。

> この住宅のすべての情報を見る

畳スペースの床下収納

畳やベッドの下などの低い部分の空きスペースもしっかり活用しましょう。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトを収納に活用

ロフトも収納スペースとしては利用価値が高い空間です。段ボールなどで埋め尽くされてしまっている家もあるかもしれませんが、収納棚をきちんと設置して収納スペースを確保したら整理整頓もしやすくなるでしょう。きちんと収納できれば、部屋としても十分使えます。広さにもよりますが仕事や趣味の作業部屋にしたり、子供のプレイスペースにもよいのではないでしょうか。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

NAOKOさん

スタイリストとして日本で10年以上活動した後、イギリスやフランスで経験を積み現在はライターとして複数のメディアで執筆中です。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。