2015年12月04日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

この狭さがジャストサイズ!自分だけの書斎スペース

マイホームを持ったら、ぜひ欲しいのが自分だけの書斎スペースではないでしょうか?最近ではお仕事をされているママも多いので、書斎は絶対にほしいスペースの1つにもなっています。限られたスペースに書斎を設けると、やっぱり狭くなっちゃいますが、その狭さを逆手に取れば、とっても居心地のいい書斎ができるんですよ!


こうすれば広く感じる!狭小書斎スペース

たった2畳だけの書斎とは思えない広がりを感じる書斎です。目の前を大きな窓にして視線の抜けを作ったり、本棚を高くして縦への広がりを意識させたりと、「広く感じる」ための工夫がいっぱいです。

スキマのある家

窓を設け、扉を設けない事で風通しがよくなっています。机はさほど広くありませんが、ダウンライトをつければ卓上ライトを置く必要はありません!椅子に座りながらちょっと体をひねれば、棚の物も座ったままで取り出せますよ。

リゾートホテルのような贅沢空間

コーナーに棚を設けて、収納力抜群の書斎コーナーができあがりました。
こちらも狭いながらも天井にダウンライトを仕込んで、机を広く使える工夫がされています。

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)

二階の廊下スペースの突き当りに、ミニミニ書斎を作り付けました。
目線の高さに窓を付けたことにより、視線が抜けるためさほど窮屈感を感じません。窓の上には収納力たっぷりの棚が3段も!高さも変えられるので便利です。

本所の家

階段下の変形コーナーを見事に生かした書斎です。ガラスブロックをはめることで、光が入り明るく感じます。部屋とは一続きですが、視線がさえぎられるため作業に集中できそうです。

自然素材とスキップフロアが楽しい家

目の前に大きな窓を設け、開放感あふれる書斎コーナーになりました。壁際の棚は下まで作り付けない事で空間に広がりを感じさせます。物を取りやすい位置だけに絞って棚を作っているので作業効率も上がりますね。

リフォーム・リノベーション(築45年・・・昭和の家を気分も一新)

階段下の空間を使った書斎です。蹴込板をなくした階段なので視線や空気が抜け、広がりを感じます。机の下には蓄熱暖房機が備えられているため、冬でも寒くありません。

オウチ25・インナーバルコニーの家


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた事例写真

  • LAVATORY
  • 玄関
  • 外観
  • ウォークインクローゼット
  • 男性側クローゼット

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問