2016年12月18日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

この狭い空間がジャストサイズ!自分だけの書斎スペース

マイホームを持ったら、ぜひ欲しいのが自分だけの空間、書斎スペースではないでしょうか?最近ではお仕事をされているママも多いので、書斎は絶対にほしいスペースの1つにもなっています。限られたスペースに書斎を設けると、やっぱり狭くなっちゃいますが、その狭さを逆手に取れば、とっても居心地のいい書斎空間ができるんですよ!

1 お気に入り追加 14958view

こうすれば広く感じる!狭小書斎スペース

居心地のいい書斎とは必ずしも面積が広い部屋とは限りません。実際は2畳か、それ以下のスペースでも十分に居心地の良い書斎を作ることは可能です。

その際に大事になってくるのが、周囲とのつながりです。近くに窓を設けることで外を感じることができる書斎や、壁や扉で閉じきらずに周囲の空間とつながった書斎スペースなど、狭さを逆手にとった工夫はたくさんあります。今回はそんな、狭さを感じさせない狭小書斎空間を紹介いたします。

窓と天井高で2畳でも広々感じる書斎

たった2畳だけの書斎とは思えない広がりを感じる書斎です。目の前を大きな窓にして視線の抜けを作ったり、本棚を高くして縦への広がりを意識させたりと、空間を「広く感じる」ための工夫がいっぱいです。

スキマのある家

建築家 津野恵美子

津野恵美子

建築家 / @東京都

猫はそのとき一番心地よい場所を見つけ出す天才です.季節・天候・気分によって移り変わっていく最適な場所を,本能的に発見し自分の場所にしています.その能力は大いに見習いたいと思いつつ,お施主さんが常にお気に入りの場所を発見し続けられるような,ポテンシャルのある家を作りたいと思っています.

閉じきらない、抜け感のある書斎

窓を設け、扉を設けない事で風通しがよくなっています。机はさほど広くありませんが、ダウンライトをつければ卓上ライトを置く必要はありません!椅子に座りながらちょっと体をひねれば、棚の物も座ったままで取り出せますよ。

リゾートホテルのような贅沢空間

リノベーション・リフォーム会社 クラフト

クラフト

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都ほか

憧れをカタチにするデザイン。 触れたときに心地よさを感じる素材。  住む人を導いていくような動線。 そこに佇んでいるだけで、心癒されるような 趣のある住まいをつくっています。

気持ちよく囲われる書斎スペース

コーナーに棚を設けて、収納力抜群の書斎コーナーができあがりました。
こちらも狭いながらも天井にダウンライトを仕込んで、机を広く使える工夫がされています。

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)

建築家 須藤剛

須藤剛

建築家 / @東京都

趣味の家、広いリビングの家、柔軟に暮らせる長く快適に住める家など、オリジナルな家づくりを得意としてます。

廊下の先の、狭小書斎スペース

二階の廊下スペースの突き当りに、ミニミニ書斎を作り付けました。
目線の高さに窓を付けたことにより、視線が抜けるためさほど窮屈感を感じません。窓の上には収納力たっぷりの棚が3段も!高さも変えられるので便利です。

本所の家

建築家 秦野浩司建築設計事務所

秦野浩司建築設計事務所

建築家 / @神奈川県

敷地環境を十分に読み解き そこに住まわれる人々の 現在から未来にかけての生活スタイルを見据え 人にやさしい設計をしていけたらと思います。

階段下のちょっとした空間にも書斎はできます

階段下の変形コーナーを見事に生かした書斎です。ガラスブロックをはめることで、光が入り明るく感じます。部屋とは一続きですが、視線がさえぎられるため作業に集中できそうです。

自然素材とスキップフロアが楽しい家

リノベーション・リフォーム会社 夢工房

夢工房

リノベーション・リフォーム会社 / @神奈川県

神奈川県横浜市・川崎市・東京都の一部をエリアとし、リノベーションの提案・施工をおこなっています。自然素材を積極的にご提案し、健康な住まいつくりを目指しています。

棚にもこだわった、開放感のある書斎コーナー

目の前に大きな窓を設け、開放感あふれる書斎コーナーになりました。壁際の棚は下まで作り付けない事で空間に広がりを感じさせます。物を取りやすい位置だけに絞って棚を作っているので作業効率も上がりますね。

リフォーム・リノベーション(築45年・・・昭和の家を気分も一新)

建築家 森 大樹/小埜勝久

森 大樹/小埜勝久

建築家 / @埼玉県

●住んで戴きたい家の為に・・・  環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になりましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言え、設備に頼らないわけにも行きません。それなら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わらず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。 【 これからの建築は、燃費も考えて住んで欲しいと思います。そして、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家をこれからも提案したいと思います。】

視線の抜ける、階段下の書斎スペース

階段下の空間を使った書斎です。蹴込板をなくした階段なので視線や空気が抜け、広がりを感じます。机の下には蓄熱暖房機が備えられているため、冬でも寒くありません。

オウチ25・インナーバルコニーの家

建築家 石川淳

石川淳

建築家 / @東京都

白を基調にイエ型のシンプルで飽きのこないデザインとハコ型のハコノオウチを作っています。 性能や環境といったキーワードが溢れていますが、それらを満たすのは住宅としては当然のことです。 そんなことよりも、好きなデザインの洋服を着ると素敵な気分になるように、素敵なデザインの家で暮らす生活はとても豊かな気持ちになるものです。 そのような住宅を作りたいと考えています。

回り込むように設計された書斎スペース

扉を設けず、あえて壁だけで仕切られた書斎。入り口側にある窓から指す自然光が気持ちの良い書斎を演出しています。カフェのような細長いテーブルなので夫婦で使うこともできます。幅がないので棚は壁付けの飾り棚に。天井から吊るされたペンダントライトも素敵です。

眺望のいえ

建築家 NAOI

NAOI

建築家 / @東京都

どのような環境においても、自然を感じることが出来る、普遍性を持ったシンプルな建築をつりたいと思っています。

見晴らしの良い書斎コーナー

足下まである大きな開口の目の前に設けた書斎コーナー。勾配天井のお部屋の天井が高い側に設けてあるので、天井高による開放感も感じられます。あえて一番見晴らしの良さそうな場所に書斎を設けてみるのも面白いかもしれませんね。

福岡・X

屋根裏部屋のような書斎

このお部屋はマンションのリノベーション事例なのですが、最上階にあるお部屋なのでこのような屋根裏のような空間ができています。普通の居住スペースにするには使いづらい空間ですが、狭さが逆に居心地の良さを提供してくれる書斎にはもってこいです。屋根裏の秘密基地のようなワクワクする書斎です。

リノベーション / skra

リノベーション・リフォーム会社 アネストワン

アネストワン

リノベーション・リフォーム会社 / @愛知県

名古屋でリノベーションを手掛ける一級建築士事務所アネストワン。中古マンションや戸建を本物の素材やデザインによってリノベーションすることで、時と共に味わいを増していく空間に生まれ変わるご提案をしています。

階段の踊り場が書斎に

こちらのお宅では、なんと階段の踊り場を書斎にしています。少し落ち着かなさそうですが、子供とお父さんの遊び場になっているそう。踊り場なので2畳程度と面積としては狭いのですが、吹き抜けになっているのでかなり開放感のある空間となっています。

ラップハウス

建築家 Mieko Ookawa

Mieko Ookawa

建築家 / @東京都

日本橋のあんみつ屋のような路面店で仕事をしています。 木造(木造耐火含む)の住宅、店舗内装を中心に、新築でも味がある、古くなっても味がある、そういう素材、空気感、仕上げ方が好きです。自分達で手を加えられる空間作りが得意で、御施主さんとよく塗装をしています♪まずは気軽に遊びにいらしてください。皆さんがどんな暮らしをしたいのか、私たちの仕事がどんなことか、お話することからスタートです。

敷地面積8坪の狭小住宅の書斎

敷地面積が8坪とかなりの狭小敷地に建つ住宅。その書斎も当然狭いですが、天井高が高くトップライトのある明るいお部屋になっています。壁が木材の現しになっているので圧迫感も軽減されています。

Mountain House

建築家 関口太樹  + 関口知子

関口太樹 + 関口知子

建築家 / @大阪府

クライアントの想いや条件はそれぞれです。その想いに寄り添い、条件の中でどう実現するのが最適かクライアントと一緒に考えます。そこにコミュニケーションは不可欠です。コミュニケーションを重ね、それぞれの想いに寄り添う中から導かれる空間は自然と個性を纏い、同時に喜びに満ちた豊かな生活の土台になると考えています。 どんなことでもお気軽にご連絡下さい。お話をお聞きするところから始めたいと思っています。

キッチン横の小さな書斎スペース

キッチンの横にしつらえた書斎スペースです。壁を設けてあるので家事と切り替えて作業に没頭できる設計になっています。狭くはありますが、家事動線も考えた書斎スペースであると言えます。

正方形のpersonarity

リノベーション・リフォーム会社 nu(エヌ・ユー)リノベーション

nu(エヌ・ユー)リノベーション

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

あなたの持つ価値感や想いをリノベーションでカタチにします。中古物件探しから設計・デザイン・施工・アフターサービスまでをワンストップでお手伝い。まずは無料相談へ。

専門家を選ぶ前に、相談できる無料サービスもあります

SUVACOでは、住まいに対する要望をお聞きして、その人・家族に合った建築家・リフォーム・リノベーション会社をご紹介する無料サービスを実施しています。

インターネットでもお電話でも相談できます。住宅業界での経験が豊富な専任アドバイザーが、どの企業にも寄らない中立的な立場から、ご要望に応じた依頼先を提案します。もちろん提案されたからといって、その会社に決めないといけないということも全くありませんので、まずはお気軽にご相談ください。


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた写真

  • リビングダイニング
  • 出窓とシャンデリアが雰囲気をつくるダイニング
  • 別荘
  • フルオープンの開放的なリビング
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…