2014年05月15日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

狭いマンションリノベーション!

狭くて住みにくいマンションも、リノベーションによって住まう人に合わせた形に作り変えれば、住みやすくなります。
快適に過ごせるように生まれ変わった、狭いマンションのリノベーション事例をご紹介します。

1 お気に入り追加 21283view

ファミリータイプ2LDK、50㎡のマンションを1人で暮らしやすい、ベッドスペースのみの寝室を備えた1LDKに。玄関から寝室、LD、キッチンと回遊型の配置となっており、LDと寝室は格子でゆるやかに間仕切られています。

リノベーション会社:株式会社リビタ「一人で心地よく暮らせる絶妙なサイズ感。モダンな中に和テイストを取り入れて」 (リノベりす掲載)

築45年の細長い43㎡の一室を20代の夫婦の住まいとしてリノベーション。一枚の長い壁を斜めに配置し、LDとベッドルーム、キッチン、収納を区切っています。

リノベーション会社:青木律典建築設計スタジオ「RENOVATION 表参道N」(リノベりす掲載)

理想のインテリアとなるよう、中古マンションのリノベーションを選択したご夫婦とお子さまが住まう50㎡の2LDK。間取りの変更はせず、洋室とLDの間の壁を取り払い、型板チェッカーガラスの引き戸で、明るくゆるやかに間仕切る空間としました。

リノベーション会社:株式会社リビタ「理想のインテリアに囲まれて、好きな街で暮らす」(リノベりす掲載)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 南麻布の家 洗面
  • 広々としたワンルーム
  • キッチン
  • 八雲の家 廊下
  • スタイリッシュなLDK-障子戸open

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問