2019/05/22更新1like27056viewSUVACO編集部

スロップシンクとは?メリットとおしゃれな実例

スロップシンクという言葉を耳にしたことはありませんか?「slop」とは英語で汚水のこと。直訳すると、汚水流し。つまり、汚れものなどを洗う大型の流しのことです。「ああ、あれね」と思い出す方も多いと思います。最近、格段にデザインがオシャレになり、日常で欠かすこのできない程のものではないけれど、あれば間違いなく便利だと感じる設備の一つです。家づくりの際に、スロップシンクにこだわる方はまだ少ないと思いますが、新たに住宅に取り入れる人が増えてきている、その利便性について簡単にまとめてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

スロップシンクの用途は?

スロップシンクの具体的な使い方としては、靴や雑巾をを洗ったり、ペットのシャンプーをしたり、庭やバルコニーの緑に水をやる時などとても便利です。あることで色々な汚れものを迷わず処理することができますし、外に設置してあるのなら水やりだけでなく、窓掃除の際に活躍するなど幅広く使いみちがありそうです。特に、絵具や習字、泥のついた靴や靴下や体操着を洗うといった必要のある年齢のお子様がいらっしゃるご家庭に圧倒的な支持があります!

屋外に設置するメリット

バルコニーやテラス、玄関脇などの屋外にスロップシンクを設置するメリットは何でしょうか。

たとえば、泥だらけの靴などは、なるべく家の中に持ち込みたくないですよね。ですがほかに洗う場所がなく、やむを得ずお風呂場などで洗っている方もいらっしゃるでしょう。

屋外にスロップシンクがあれば、靴以外にも植物・家庭菜園の水やりやペットのシャンプーなどにも使えます。マンションでは、初めからバルコニーにスロップシンクが付いている物件もあり、人気があるようです。

ランドリースペースにもあると便利

屋内では、掃除用具を洗う目的の他にも、ランドリースペースに設置すれば、衣類の手洗いをする際にとても便利です。

お風呂場などで手洗いすると、足元や来ている服がびしょびしょになり、ストレスに感じることがあります。スロップシンクをランドリースペース内に配置すれば、濡れることなく手洗いができ、そのまま洗濯機で脱水までできる家事動線もつくれます。

最近では、おしゃれで安価ということで人気の実験用シンクを、スロップシンクとして用いる方も多いようです。

利便性だけではなく、おしゃれにもだわりたいなら

実用性が重視されるスロップシンク。あまり人目につかない場所に設置するなら、なるべくお金をかけたくないという方が多いのではないでしょうか。ですが、中にはデザインにもこだわったシンクを設置されている方もいらっしゃいます。

テラスに設置されたタイル張りのおしゃれなシンク。こちらのお宅では犬を飼っているそうなので、ここでシャンプーなどをしているのかもしれませんね。
ほかには、洗顔用と洗濯用のシンクを並べて洗面所に配置しているお宅も。一見ホテルのようなおしゃれな佇まいですが、利便性もバッチリです。
葛川かおる「『ハイサイはうす』素材感、質感を生かすマンションリノベ」

勝手口の脇のスロップシンク

山を背負うような美しいロケーションにある住まい。
勝手口の外は明るく開放的で、広いデッキはお気に入りのスペースです。家庭菜園など庭いじりをしたあとストレスなく泥など落とせるようにスロップシンクを設置しました。
勝手口の脇にスロップシンクのある住まいに、もう一つスロップシンク!?
雨水の再利用ができるように、「とい」を工夫して雨水を集めて貯められる瓶を設置しました。

ビタミンカラーに映える スロップシンク

2人の元気な男の子のいる家族の住まい。
マンションで室内にあることは珍しいスロップシンクを設置。元気いっぱいで遊んで汚れた靴や服を洗ったり、新鮮な泥付き野菜をあらったり、大活躍です。

キッチン脇のスロップシンク

平塚市の海岸線のほど近い築45年の住まいをリノベーション。
ご主人さまが育ったこの家を今のライフスタイルに合うように間取りを変えて、耐震や断熱補強を。家事効率を重視するテキパキ奥さまのリクエストで、たくさんの素材が交じり合ったキッチンの向こうにはスロップシンクを採用しました。

インナーバルコニーでも便利なスロップシンク

インナーバルコニーをつくり、光を室内に取り込んで室内干しをできるようにした住まい。
共働き夫婦が増えている昨今、部屋干しのスペースは、生活がしやすくなる便利になる工夫の一つです。もちろん、インナーバルコニーに、スロップシンクは必需設備ですね。

スロップシンクが必要な趣味の部屋

趣味を満喫しながら楽しく暮らすためのリノベーション。
趣味であるプラモデルを塗装するために、専用の塗装ブースをもうけた作業部屋をリクエスト。道具の洗浄のためにスロップシンクを採用しました。
スロップシンクは、後付けしようとするとコストと手間がかかってしまいます。戸建てを新築されるのであれば、設計の段階で必要かどうかを考えておく必要があるでしょう。シンク自体は洗面用などに比べて安価なものが多いので、気になる方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る