2014年09月29日更新

インテリア(その他)

引き戸で仕切る住まい特集

引き戸はドアと違い、開閉によって一つの空間にも、個別の空間としても利用できる間仕切り具です。
引き戸を取り入れた住まいのメリットを添えながらご紹介します。


キッチン、ダイニング、リビングがそれぞれ引き戸で仕切れる家。来客時には、相手や人数によって 閉めたり、開けて大空間にしたり、自由自在に使えます。人のいる部屋を仕切れるので、冷暖房効率の面からも、メリットがあります。

野洲の家

リビングダイニングとフリースペース、階段室がガラス戸で仕切られています。仕切りを開ければ、フリースペースと一体化し、来客時など生活のシーンに合わせた使い方が可能です。ガラス戸としたことで光を通し、明るい空間に。

上祖師谷の家

壁、フローリング、ドアなど内装が全て白で統一されたシンプルな空間。
大きな引き戸も壁のように感じられ、23㎡の1Kですが、広くスッキリと見えます。

@ajito~白い壁と白い床~

リビングダイニングとアトリエは、全面引き戸を間仕切りとしています。限られたスペースでも、開けると大空間となることは、引き戸の魅力の一つです。

CUBE×CUBE=マトリョーシカ

リビングダイニングを引き戸とし、和室との間仕切りには、縦格子の和の要素のある引き戸を用いて、統一されたイメージを持つ空間にまとめ上げられています。

ふたりの家

小ホールのシアターのような雰囲気をテーマに、引き戸と同じ縦格子を壁にもデコレーションした独創的な空間。壁の位置がずれていることで、リズムが生み出されています。

格子ずくしの家

ニューヨークのマンションのリノベーション。洋の空間でありながらも、間仕切りとして、障子を彷彿させる和のデザインの引き戸が設けら、洗練された印象を与えます。

Trump World Tower NYC


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面
  • 外観
  • ガラス張り窓より光が降り注ぐLDK
  • プロジェクションクロックのある夜のリビング
  • 大容量の収納

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問