2015年07月21日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

機能と効率が魅力的なスキップフロア大解剖!

狭小住宅でも広く感じられる空間の活用が可能であったり、家族が家の中で別々の場所に居ながら気配を感じられる、ほど良い距離感を保つことが可能な空間づくりが出来る!それがスキップフロアです。それ以外にも、風の通りや光を家に取り込めるという機能的な面も持ち合わせています。そんな魅力満載のスキップフロアをご紹介いたします。


明るさと開放感を得る

吹き抜けが、明るく開放感のある空間に仕上げています。この明るい開放感を、どの階にいても感じられるのがスキップフロアの醍醐味であり魅力です。

『』の家

ゾーニングとしての役割

段差を利用して引き出し式の収納を確保する事が可能になります。更にスキップフロアである事が自然とリビングダイニングをゾーニングしています。

自然素材とスキップフロアが楽しい家

家族の気配を感じる

キッチンでの家事が多い主婦は、キッチンで作業しながらも吹き抜けから家族の気配が感じられます。閉塞感のないスキップフロアだからこそつながりを感じます。

スキップフロアの家

心地よい空間の確保

狭小地の限られたスペースを有効に使うならスキップフロアの出番です。一つ一つの床面積は狭いながらも、開放感がありゆったりとした雰囲気が心地よい空間を生み出しています。

超狭小変形角地の2階建てスキップフロア

中庭を介して風と光が届く

中庭を囲うようにしてスキップフロアが設けられています。中庭に面した窓は開放感があり、中庭からの風や光がどの部屋にも行き渡るようになっています。

PATIO

メリハリをもたらす空間づくり

お子さんの為のスペースをスキップフロアで区切ることで、遊ぶ事や寝る事などのメリハリが自然と身につくのではないでしょうか。

二路 ninji

外との程よい距離感

スキップフロアの利点として、一番に感じられるのは高さが程よいため外からの視線を感じることなく過ごせ、外で遊ぶ家族に対して見守る事が出来るという点が挙げられます。

公園を借景にしたスキップフロアの家


この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • 外観
  • 20畳のリビングダイニング
  • 居間から玄関口方向を見る
  • 広間

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問