2014年10月10日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

少しの段差が特別な空間へ。スキップフロアの魅力

最近収納や間取りの面からも注目され、増えていているものに「スキップフロア」があります。
「スキップフロア」とは壁などを設けずに、半階ずらして中二階などを作り、フロアを区切ったものを言います。バリアフリーとは真逆の発想になる段差を利用した家になりますが、壁を必要としないので、フロアを区切って利用しつつも開放的な空間を作る事が出来ます。段差があるだけで、LDKを分ける事が出来たりと使い方が広がります。

0 お気に入り追加 11010view

二階へ行くほどは長くない半階分の階段を上がれば、そこには広いフロアが広がっています。

少し段差を付ければ、不思議とそれだけでフロアを分ける事が出来るスキップフロア。
くつろぐスペースと活動するスペースなど、使い方も変える事が出来ます。

夜景に溶け込む外観
裏の緑へ抜ける窓、高さによる気持ちよさの違いを楽しめる部屋
斜め向かいの実家の気配を感じられる、ダイニングと子供部屋
キッチンより、見通しのよいスキップフロア
スキップフロアの段差から、空まで視線と風が抜けるリビング

限られたスペースでは壁を作って部屋を区切ると、狭くなって圧迫感を感じてしまいますが、スキップフロアなら壁が無くてもLDKを区別出来ます。

中庭に面したLDK
黒い床のリビング
開閉式キッチンのあるリビング
開閉式キッチンのあるリビング
らせん階段のあるリビング

二階ほどは高くないので、家族の気配を感じる事が出来ます。

スキップフロアの家_外観1
スキップフロアの家_外観2
スキップフロアの家_リビング2
スキップフロアの家_吹抜
スキップフロアの家_ダイニングキッチン

壁によって完全に分離されているわけではなく、緩やかにダイニングとリビングが分かれています。少し下がったリビングは「籠り感」があって、落ち着きそうですね。

外観1
外観2
シアタールーム
バスルーム
バスルーム

下に居ても上との繋がりを感じる事が出来ます。
壁がないと上からの光も入り、明るいですね。

道の突き当たりの敷地:道がそのまま繋がっていく
路地
玄関
最上階のリビング1
ダイニング1

いくつものスペースに分けられています。

家族と会話しつつも自分のペースでくつろげそうな、子供にとっても楽しいつくりになっていますね。

段差をたのしむ家_外観1
段差をたのしむ家_LDK1
段差をたのしむ家_LDK3

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 浴室・風呂
  • バスルーム
  • ガラスブロック壁面のバスルーム
  • キッチン
  • 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?