2020/06/19更新0like630viewSUVACO編集部

目黒駅・中目黒駅から徒歩圏内の明るい角部屋でBefore/Afterを体験!

「既にスケルトン化された中古マンションを買う」という選択肢にはたくさんのメリットがあります。

今回ご紹介するのは、スケルトン状態で販売される目黒区のマンションです。解体工事が始まるというお話を聞き、元の内装状態と解体工事中、工事終了後のスケルトン状態をSUVACO編集部が取材してきました。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

取材した「日生住宅目黒マンション」

こちらの記事で紹介したように、解体工事が終わった状態の物件を購入することには、費用面・プラン面ともにたくさんのメリットがあります。

今回ご紹介する物件は、東京都目黒区にある「日生住宅目黒マンション」。交通が便利な目黒区の山手通り沿いながら、11階なので騒音も気にならず晴れた日は富士山も見えます。眺望と陽当たりがとても良い角部屋!
物件のLDKベランダからの景観(4月に撮影)。視線を遮る高い建物はなく、写真右寄りには富士山が。肉眼だとさらにきれいに見えます。

物件のLDKベランダからの景観(4月に撮影)。視線を遮る高い建物はなく、写真右寄りには富士山が。肉眼だとさらにきれいに見えます。

【物件概要】
・所在地:目黒区目黒3丁目
・交通:
 JR山手線 目黒駅 徒歩10分(目黒駅は東急目黒線、東京メトロ南北線、都営三田線も利用可)
 東急東横線 中目黒駅 徒歩13分(中目黒駅は東京メトロ日比谷線も利用可)
・面積:居住部分80.149㎡、バルコニー9.184㎡
・解体工事前の旧間取り:2LDK
・築年月:昭和47年1月
・構造:鉄筋コンクリート造 14階建11階部分
・向き:南西(角部屋)
・駐車場/駐輪場/バイク置き場:あり
・ペット:不可
・新耐震基準適合:2015年 耐震補強工事完了

「駅から少し遠いかな?」と思う方は、徒歩2分のバス停「田道小学校入口」からバス利用も可能です。目黒駅・中目黒駅はもちろん、渋谷駅、恵比寿駅、大崎駅、五反田駅、大井町駅にもバス利用でアクセスできます。

新耐震基準に適合する工事も行われており、住宅ローン減税の対象に適合することも魅力です。
※居住用として2020年12月31日までに取得・入居した場合、住宅ローン減税は最大控除額400万円(合計)+建物金額の消費税増税分2%が減税となります。

この物件についてのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームよりスバコのアドバイザーにお問い合わせください。
※ご質問内容に「日生住宅目黒マンションについて」とご記入いただけるとスムーズです。

スケルトン化のビフォー・アフター

解体工事前の間取りは2LDK。壊せる壁はすべて取り払い、このような状態になりました。
壊せなかった壁1面とパイプスペースを残し、他はすべてをスッキリ取り払った状態に。

壊せなかった壁1面とパイプスペースを残し、他はすべてをスッキリ取り払った状態に。

こちらの物件を所有している惠桜不動産の代表取締役 舩江さんが物件を案内してくださいました。
今回お話を伺った惠桜不動産 代表取締役 舩江 修さん。とても解りやすく物件を紹介してくださいます。明るい笑顔と柔らかい雰囲気に内見の緊張感がほぐれます。

今回お話を伺った惠桜不動産 代表取締役 舩江 修さん。とても解りやすく物件を紹介してくださいます。明るい笑顔と柔らかい雰囲気に内見の緊張感がほぐれます。

SUVACO編集部:
「こちらの物件はどのような方におすすめしたいですか?」

舩江さん:
「便利な立地と光の差し込む心地よい空間や眺望の良さを存分に楽しんでいただきたいですね。
近くに学校も多いのでお子さまがお1人いらっしゃるご夫婦の方にも良いですし、リノベーションで空間を贅沢に使った間取りにしていただいて、30代のDINKS(共働きで子どもを持たないご夫婦)やお子さまがすでに独立されたご夫婦など、心地よい暮らしを満喫したいお2人がゆったりと過ごすのもすてきです。

こちらの物件は住宅ローン減税の対象となるので、所得税の控除が見込めます。控除期間は10年が基本のところ、今は昨年の消費税増税をうけて『2019年10月~2020年12月末日までに入居すれば控除期間は13年』というボーナス期間です。

またこちらは当社が所有する売主物件なので、私たちから直接ご購入いただければ仲介手数料がかかりません。これらのお得になる分を、すてきなリノベーションプランの実現に回していただけますね!」

なるほど、毎年年末の住宅ローン残高の1%が控除される住宅ローン減税の対象であり、しかも仲介手数料の「販売価格×3%+6万円」が不要になるんですね。この分をリノベーション費用へと回せるメリットは大きいですね!

いろいろお得なこちらの物件、お部屋はどのようになっているのでしょうか?以前の内装が残っている「Before」の状態と、スケルトン状態になった「After」を比較しながらご紹介していきましょう。

【玄関を入ると…】
<Before>
内装が残っている状態では、玄関が暗く狭い印象でした。
<After>
スケルトン化すると、玄関周りに意外とスペースが設けられ、光も差し込むことがわかります。
「玄関まわりに土間をつくっても良いかも……」などイメージも沸きやすく。
次にLDKを拝見します。

<Before>
まずは内装が残った状態から。
玄関から廊下を通り、リビングに入ります

玄関から廊下を通り、リビングに入ります

LDKは窓が2面。写真左側の窓から富士山が望めます。

LDKは窓が2面。写真左側の窓から富士山が望めます。

キッチンも少し閉塞感がありました。

キッチンも少し閉塞感がありました。

<After>
解体工事後はこのように様変わり。
壁の黒いクロスははがせますが、その下のボードは残ります。

壁の黒いクロスははがせますが、その下のボードは残ります。

床や天井がなくなり、部屋に高さが出ています。

床や天井がなくなり、部屋に高さが出ています。

キッチン部分の壁も取り除かれて、以前は気づかなかった横の小窓の存在も解りやすくなりました。 柱状に見えている立方体はパイプスペースです。

キッチン部分の壁も取り除かれて、以前は気づかなかった横の小窓の存在も解りやすくなりました。 柱状に見えている立方体はパイプスペースです。

解体工事前、パイプスペースの周りには少し古さを感じさせる水回りが集まっていました。

<Before>
<After>
スケルトン化してみると、水回りもお好みに合わせていろいろな配置が考えられそうですね。
次に、以前2部屋に分かれていたお部屋を見てみましょう。

<Before>
こちら側も窓が多く明るいお部屋です。2部屋に区切られています。

こちら側も窓が多く明るいお部屋です。2部屋に区切られています。

道路から近い窓でも、音は気になりません。

道路から近い窓でも、音は気になりません。

<After>
2部屋を区切っていた壁が壊され、とても開放感がある空間になっています。
取り除ける壁や柱はすべて解体されているため、「ここは壊せるのかな?」という心配もなく、自由に間取りを発想することができますね!

参考にしたいリノベーション事例

「でも、なにもないとリノベーション後の姿が想像しにくい……」という方に向け、参考となる似た間取りの事例をご紹介しましょう。今回の物件より少し面積は小さいですが、形はとても似ています。

玄関からは広めの土間が続き、採光の良さが生かされています。
こちらの事例では、奥のお部屋はベッドルームと書斎スペースに。在宅ワークもストレスなくはかどりそうですね。

※本物件とは別の物件事例をご参考として紹介しています。今回ご紹介している「日生住宅目黒マンション」のお部屋は、パイプスペースの位置がこちらの事例とは異なるため、バス・トイレの水まわりについて、この事例と同じ配置ができませんのでご注意ください。
また、間取りは違いますが玄関の参考になりそうな別の事例がこちら。
「お部屋と玄関は分けたいけど、玄関周りは明るくしたい」という方なら、全面を壁で塞がずに、上方を室内窓などにして採光を活かすといいでしょう。

解体工事中のようすをのぞき見

こちらは解体工事の途中段階でお邪魔したときの写真です。

「近隣の方からの苦情は、実は解体時の騒音に対する声が多いんです。工事後の購入は解体時の近所の目を気にしなくて良い点もメリットです」と舩江さん。
工事がお休みの日の取材でも、細かい粉塵が舞っていました。解体工事をしてくださる職人さんにも感謝ですね。

工事がお休みの日の取材でも、細かい粉塵が舞っていました。解体工事をしてくださる職人さんにも感謝ですね。

マンションの共用スペースもチェックしよう

実際に暮らすとなると、共用スペースの使い勝手や住人のマナーも大切です。
下の写真はごみ置き場。きちんと片づけられた通り抜けができる空間は、臭いも気にならず、出口部分には防犯カメラが設置されていて安心です。
2020年6月15日現在、敷地内の駐車場も1台分空いているとのこと。
敷地の奥にはスペースたっぷりの駐車場に、自転車がきちんと並べられていました。
ポストがあるエリアには、このマンションの管理組合や理事会に贈られた感謝状がたくさん。資源の回収活用もしっかり行われており、住人の意識の高さが伺えます。
築年数が経っていても、マンション外観や建物内通路はとても清潔できれいに保たれています。

マンションの周辺環境は?

都内のどこに行くにも便利なエリアだけあり、日々のお買い物や飲食、お散歩などに最適な環境が整っています。

まず徒歩1分圏内にコンビニが2軒。そして同じく徒歩1分の距離に、食べログで3.70評価(2020年6月現在)の素敵なパン屋さん「ジャンティーユ」も。ご近所の方がつぎつぎにおいしそうなパンを買っていきます。
こぢんまりとした佇まいながら、こだわりのパンが見つかるGentille(ジャンティーユ)

こぢんまりとした佇まいながら、こだわりのパンが見つかるGentille(ジャンティーユ)

目黒区民センターや目黒川も歩いて5分。目黒川沿いは、春には満開の桜がたのしめる気持ちのよいお散歩コースです。
スーパーマルエツへは徒歩5分。日々のお買い物にも便利そう。
目黒駅に向かう途中の権之助坂には飲食店が立ち並び、ちょっと外ご飯や軽く一杯にも便利ですね。
目黒駅側だけではなく、もちろん中目黒駅方面もすてきなお店がいっぱい!
家の中では心地よい日差しと見晴らしの良い景観に包まれ、近所へのお出かけも楽しい。そんな毎日が送れそうな環境です。

この物件についてのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームよりスバコのアドバイザーにお問い合わせください。
※ご質問内容に「日生住宅目黒マンションについて」とご記入いただけるとスムーズです。
惠桜不動産は他の物件についてもスケルトン状態での販売を予定されているとのこと。これからスケルトン化される注目物件も、このシリーズでご紹介していきます。お楽しみに!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る