2015年12月20日更新

注文住宅(その他)

ゆったりした敷地にどっしり構えた「平屋」づくりの家4選

広い敷地があるなら平屋づくりの家を作るのも良いですね。高さが低く抑えられるので、台風や地震の時も比較的危険が少ないようです。夢の平屋ライフ、想像してみませんか?


横に縦に広がる開放感

L字型の広い平屋づくりです。庭を囲むように外壁に取り付けられた船舶用照明と、屋根からすっと伸びる薪ストーブの煙突が印象的です。

つづく家 (外観2)

内部は梁を見せて空間を縦にも広く感じるような工夫がされています。横に長い家ですが、冬場の暖房はこの薪ストーブだけでほぼ賄えるように設計されているそうです。

つづく家

曲線美しい平屋

室内は、建具はあえて使わずに曲線の凹んでいる部分を上手に使って部屋を緩く仕切っています。

緑のカーテンの家

中庭で仕切る平屋二世帯住宅

前庭をどの部屋からも楽しめるように開口部を多く設けました。この家は平屋ながら4世代が生活する二世帯住宅です。平屋でも多世帯同居できるんですね!

常陸太田の家 (外観2)

広いオーダーキッチンの左手は中庭です。この中庭が世帯間を程よく分けています。ダイニングテーブルの横は畳敷きの小上がりになっていて、平屋ながら床の段差を設けて単調にならないような工夫がされています。

常陸太田の家

地球環境に配慮する家

屋根の上に緑?!と思われるかもしれませんが、見た目に美しい上、夏は土の遮熱効果+水の気化熱で屋根からの暑さを解消することができます。冬は逆に土が断熱材の役割をし、屋内の温かさを外へ逃しにくい役割を果たします。屋根全体が広い庭なんていいですね!手すりもなく開放的な作りですので、あまり高いと怖いですが、平屋なら2階建てのベランダ感覚です。

埼玉県熊谷市・芝屋根住宅-2|BEAT HOUSE (緑化屋根で快適に暮らす)

深い軒が、夏は暑い太陽の光を遮り、冬は暖かい太陽の光を家の中まで届けます。蓄熱性の高い土間を採用しているので、夏はひんやりと涼しく、冬はじんわりと温かく。自然と共存する平屋づくりです。

埼玉県熊谷市・芝屋根住宅-2|BEAT HOUSE


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • シンプルな三角屋根の外観
  • 外観
  • キッチン
  • 光が差し込むリビング
  • キッチン

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問