2014年06月30日更新

注文住宅(その他)

すっきりシンプルモダンで、狭小住宅でも広々快適生活

狭い家を広く見せるには、家具や飾りをできるだけ少なくするに限る。
そして目に入ってくる物の色の統一。この三拍子が揃っていれば、どんなに狭い部屋でもすっきり見えるのだが、なかなかそうもいかないのが現実。しかし、新築やリノベーションを機に、家の雰囲気をガラリと替えることは可能だ。収納スペースを増やし、かつ断捨離も実行。身の回りがすっきりすると、身軽で快適な暮らしが手に入る。

0 お気に入り追加 15096view

建坪わずか9坪をリフォーム。余計なものを置かないことで、すっきり広々として見える。丸太をそのまま活かした梁がアクセント。梁を焦げ茶にしたことで、テレビや椅子、窓枠の色との統一感が生まれ、また部屋全体が引き締まってみえる。

新小岩の家

ここで過ごす時間が長くなりそうな、落ちついたカラーのリビングスペース。上の事例もそうだが、テレビ・オーディオなどの実用的な物以外、リビングに飾っているのは1枚の絵だけ、というシンプルさ。シンプルモダンインテリアの見本のような家。

たまらん坂の家

縦長で暗くなりがちなスペースを、白木の床とナチュラルカラーの家具が明るくしている。ダイニングの青い椅子カバーと額の青を揃えているところがオシャレ。

高津の家

建坪15坪のスペースを有効活用した家。家具などは極力置かず、非常にすっきりしたリビングダイニングを実現。階段脇の空中書斎の床をスノコにして、トップライトが1階まで届くようにしている。

TAN

シンプルな室内だが、アンティーク風なライトやソファなど、随所にこだわりが感じられる。飾り物をたくさん置かずとも、居住者の個性を感じることができる家。

聚楽廻南町の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • LDK_夕景
  • キッチン
  • 民家の改修
  • キッチン
  • 和室

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問