2015年04月07日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

シンプルイズベスト!一番ごちゃつくキッチンをスッキリと整えよう!

細々とした物が一番多いのがキッチンですよね。家電製品、食器、調理器具、調味料、食材など本当に様々な物がキッチンにはあります。さて、それをどのようにスッキリとさせるのかがポイントですね。「見せる収納」「隠す収納」どちらもご紹介します。


まずは「見せる収納」です。カップボードの役割も果たしていますね。食器は白やガラス製のものに統一されています。左端の調味料も同じ形の瓶の容器に詰め替えられています。上段の調味料は海外製品なので、ラベルがそのまま見えてもお洒落ですね。

料理番組のようなキッチンに!-azur mu-

ハンギング(吊るす)は、キッチンで作業する際に使いたい器具がすぐに見つかるうえに、器具を取り出しやすいという利点がありますよね。色や素材を同じもので揃えると見た目も統一感が出てスッキリします。

巣鴨の二世帯住宅

こちらは食器や調味料は棚に並べ、調理器具はハンギングされています。キッチンからダイニングスペースにかけて棚があるので、ダイニングスペース、キッチンのどちらからも必要なものが取りやすいように配置が工夫されています。

吹田山田のテラスハウス リノベーション

「見せる収納」をするなら、こんな風に一部分の平面の壁紙を変えるのもアクセントになってさらに素敵ですね。壁面の一部分の壁紙が変わるだけでも、かなり部屋の雰囲気が変わりますね。

リフォーム・リノベーション会社:リノベる。「パーティを楽しむ日々」

パーティを楽しむ日々

ここからは「隠す収納」の紹介です。
このようにスプーンやナイフ、箸などのカトラリーは上段にある仕切り付きの引き出しに入れると、使う際にサッと取り出しやすく見た目も綺麗です。可動式の仕切りなら本数やサイズにあわせて移動させ調整することができるので便利ですね。

軽やかさを感じさせるラグジュアリーモダンな家(リノベーション)

こちらは、キッチンの奥がパントリーになっています。キッチンの背面ではないので、リビングダイニングからは見えにくくなります。

セイタカノッポ

まるごとすっぽり隠してしまう収納がお望みなら、こちらの「引き戸のパントリー」が一番です。家電もすべて引戸内に収めてしまえばまるごとスッキリです。急な来客時にも慌てることなくサッと引き戸を閉めるだけで済むので楽ですね。

オウチ15・静岡の二世帯住宅


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 玄関を広くする階段
  • リビング3
  • リビングダイニング
  • スタディスペースのあるスキップフロア
  • 階段・玄関

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…